L→R 華凛(五弦団員:Ba)、Shinno(六弦団員:Gu)、団長(ヴォーカル団員:Vo)、K(太鼓団員:Dr)、Kyrie(七弦団員:Gu)

L→R 華凛(五弦団員:Ba)、Shinno(六弦団員:Gu)、団長(ヴォーカル団員:Vo)、K(太鼓団員:Dr)、Kyrie(七弦団員:Gu)

【NoGoD】誰も言わなくなった時期だ
からこそ“立ち上がれ”と言い続けな
いといけない

アルバム『現実』を発表して以降、ライヴ三昧だったNoGoD。約1年振りに届けられるニューシングルも、やはりライヴ仕様のナンバーだ。そんな新作のことはもちろん、次のビジョンについても語ってもらった。
取材:土内 昇

ニューシングル「STAND UP !」は、会場限定シングル「LOVE?」がありましたが、正式音源としてはアルバム『現実』後初であり、約1年振りの音源となるわけですが、次のビジョンを描くのにそれだけの時間が必要だったと?

Kyrie
時間がかかったことに関しては、ずっとライヴをやってたってことが大きいかな。
団長
7月にライヴDVD(『THE 10TH ATTACK LIVE TOUR 2012 THE 10TH GAME -FINAL-』)を出したんですけど、そっちに重点を置いていたってのはありますね。あと、単純にライヴが楽しかったんですよ。ツアーも楽しかったし。

『現実』がライヴ仕様でしたしね。

団長
もう手応えが全然違いましたね。お客さんとの一体感がグッと増したというか。そのクオリティーをどう上げていくかってことを考えてました。今回のシングルはもともとあった曲だったし、俺たちのモードがライヴだったので、“この曲が一番ライヴで映える”って感じで選ばれたシングルなんですよ。結局、『現実』の延長線上のものになってしまうんですけど。

そのモードが次のアルバムにも引き継がれる?

Kyrie
「STAND UP !」は会場限定シングルの時に書いた曲なので、当時のライヴでやって楽しい曲を作ろうとしていた、その一環で作ったものになるんですね。でも、そんな意識で曲を書くのは、そこでおしまいかなって。次のアルバムは…もちろん、そういう要素は大きくあると思うんですけど、何も意識しないで作っていこうと思っています。“こういう雰囲気の曲をやっていこう”って作っていくんじゃなくて、“こういう音楽をやりたい”っていうものを作っていくというか。

では、「STAND UP !」がリフで攻め込むシンプルなバンドサウンドなのは、ライヴを意識してこういうアレンジに?

Kyrie
最初からこういう曲だったよね。
団長
うん。こういう曲をやりたかったんですよ。我々はメタルバンドというか、大きな括りの中でのロックバンドなので。俺は音楽のカッコ良さに優劣はないと思ってるので、こういう音楽もカッコ良いってのを見せたかった…どうやら『現実』のリード曲だった「神風」の評判がいいみたいなんで、“またああいう曲をやるんだろうな”って思われている裏をかきたかったのもありますけど(笑)。“今回はシンプルなのね”みたいな。

ギターソロは弾きまくってますけどね。

団長
ソロまでシンプルにすると手抜きに思われるからでしょうね(笑)。
Kyrie
そんなことないよ(笑)。俺の中では「STAND UP !」もメタルだし。やっぱり気持ちがメタルなんで、何をやってもメタルになるんですよ。カップリングの「ハレルヤ!」も純然たるハードロックになるはずだったんですけどね。

「ハレルヤ!」はL.A.メタルだなと(笑)。

団長
あー、まさにそうです。狙いどころはそこなんで。
Kyrie
「ハレルヤ!」は今年に入ってから書いた…デイヴィッド・リー・ロスがヴァン・ヘイレンに復活したからでしょうね(笑)。

「Panama」のように弾けてますからね(笑)。あと、「STAND UP !」の歌詞ですが、『現実』以上にメッセージ性が強いですよね。

団長
サウンドが直球なんで、歌詞も直球にしようってのはありましたね。パンチのある言葉でメッセージをいかに簡単に伝えるかって。で、今一番言いたいことを書く。個人的には、まだ支援中というか…3.11の震災の後、いろんな方が“ひとりじゃない”とか“立ち上がろう”っていう曲を作ってましたけど、1年が経って誰もそういうことを歌わなくなったじゃないですか。それって嫌だなって。もちろん、それが音楽をやる全ての理由じゃないんですけど、自分の中では何も終わってないし、まだ何も始まっていない人もいっぱいいるわけで…別に震災のことだけじゃなくて、いろんなことに当てはまるようには書いてますけど、やっぱり“立ち上がる”って大変だと思うんですよ。そういうことを誰も言わなくなった時期だからこそ、言い続けないといけないなって。

「ハレルヤ!」の歌詞も前向きですよね。

団長
「STAND UP !」と違った方向ではあるんですけど、伝えたい内容は近いですね。俺は“止まない雨はない”とか“明けない夜はない”って言葉が結構好きなんですよ。使い古された言葉なんですけど、使い古されるぐらい使う理由があると思うんですね。最近は“側にいるよ”や“会いたかった”っていう恋愛の歌ばかりだし…あんまりそういうのが好きじゃないんで、俺は。だから、ベタな歌詞を書きたいなって。曲がそうだったので。聴く人が聴けば、完全にL.A.メタルじゃないですか。恥ずかしいぐらいにクサい歌詞を書きたかったんですよ。

タイトルは“ハレルヤ”ですが、歌詞は“晴れるや”だし(笑)。

団長
意味は完全に変えてます(笑)。基本的に英語は使いたくないので、いかに日本語英語でコーラスっぽくできるかってところで。

そんな今作ですが、どんなシングルができたという感じですか? 通常盤にはNoGoDのディープな面が出た「奈落」も入ってますが。

Kyrie
どういうシングルかって言うと、“この3曲でシングルになりました”ってだけなんですよ。早くライヴでやりたい…ライヴの本数も多かったのもあって、どんだけ『現実』を引っ張っているんだって思ってたんで(笑)。早く新しいことをやりたいんですよね。

リリース後にワンマンツアーが控えてますが、それは『現実』の延長線上のものではなくなると?

Kyrie
まったく変わってくるんじゃないですかね。まだ何をやるかは考えてないですけど…。
団長
「STAND UP !」はすでにライヴでやっているんですけど、やるたびに変わってきているので、ワンマンツアーでは看板曲になるぐらいに育っていると思いますね。で、残り2曲に関しては、ワンマンツアーで育てたいと思ってます。
STAND UP !NEXUS /KING RECORDS
    • 初回限定盤(DVD付)
    • KICM-91413 1575円
    • 通常盤
    • KICM-1413 1260円
NoGoD プロフィール

ノーゴッド:2005年に団長を中心に結成。ライヴ活動を続けながら、コンスタントに作品も発表し、着実に人気と実力を付けていった。10年 6月にシングル「カクセイ」でメジャーデビューを果たし、同年 8月にはメジャー1stアルバム『欠片』を発表。HR/HMを基調としたサウンドとメッセージ性の強い歌詞、高いエンターテインメント性が話題となり、メジャーシーンでも注目を集めている。NoGoD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着