L→R DJ GEORGIA(DJ)、JUN(MC)、SHIN(MC)

L→R DJ GEORGIA(DJ)、JUN(MC)、SHIN(MC)

【CLIFF EDGE】自分と向き合って最大
限のものが出せた

CLIFF EDGEが完成させた5枚目となるアルバムは、今年の初めから“いい曲を作る”を信念に制作し続けた渾身の一枚! セルフタイトルを掲げた本作について、メンバーは“CLIFF EDGE史上最高傑作”という言葉を残した。
取材:石田博嗣

セルフタイトルを掲げた5thアルバムが完成しましたが、どの時点で“CLIFF EDGE”というタイトルを付けたのですか?

JUN
アルバムが完成した時ですね。全部の曲が並んで、タイトルをどうしようかってなった時、みんなそれぞれ心の片隅にあったというか。自信作だってことはもちろんだし、自分と向き合って最大限のものが出せたアルバムだと思っているので。
SHIN
“CLIFF EDGE”って付けると原点回帰のようでもあるけど、ただの原点回帰じゃなくて、ひと回りもふた回りもして、いろんな方面で進化した満足するものができたんで、攻めつつの“CLIFF EDGE”というタイトルなんです。

「誓い」ではSHINくんが歌っているし、新しいことにも挑戦していますしね。

SHIN
表現方法が広がったなって。今までも歌ラップはやってきたんですけど、「誓い」や「Forever Love」はちゃんと歌ってるんで、そうすると今までの発声方法が通じない…僕、平屋の一軒家に引っ越したんですね。24時間歌えるようになったんで、結構歌い込みました(笑)。
JUN
でも、特に“チャレンジしよう”という感じではまったくなくて。「誓い」にしてもメロディーっぽいバースがいいなと思ってSHINに“やってみてよ”って。初めて試みることはあったかもしれないですけど、チャレンジしたっていうよりは、自分らにできることを掘り下げたという感じが強いですね。
DJ GEORGIA
「誓い」はラップのバージョンもあって“どっちのほうが伝わるか?”ってことで、今のものが残ったんですね。SHINくんが歌っているのを“新しい!”と思ってもらえるのはすごくいいことなんですけど、より伝えるために取り入れた手段だったっていうか。だから、僕らとしては自然なんですよ。

「Forever Love」は初のウエディングソングだし、クリスマスソングの「100万回のメリークリスマス」も今までにないものだったのですが、それらに関しては?

JUN
いろいろ恋愛ソングを作ってきたけど、ひとつのゴールである結婚をテーマにしたものは書いていなかったなっていう気持ちは、このアルバムの制作前から頭の中のどこかにあったんですよ。それはクリスマスソングも。今回って歌詞を先にバーッと書いて、その歌詞を読んだ時のインスピレーションでピアノでメロディーに乗せるっていうスタイルがすごく多かったんですね。それでいろんなテーマの歌詞を書いている時に、「Forever Love」のサビのフレーズが生まれて、そこから“結婚ってどうだろう”って思って広げていったような流れでしたね。「100万回のメリークリスマス」はクリスマスソングっていうものを考えた時に、“俺ら的にこうかな”って。ライヴでも盛り上がれるし、バラーディーでもある曲にしたかったというのはありますね。ライヴではアッパーに聴こえて、部屋だと静かに思える、みたいな。エレクトロの要素も“GEORGIAだったら、こうやってくるだろうな。俺はここまででいいや”って先読みしたトラックを用意して。役割がはっきりした曲のひとつでもありますね。
DJ GEORGIA
しっとりだけどアッパー…泣きながら踊れるというのは、個人的に一番好きだし、得意な曲のバランスなんですよ。JUNくんの世界観が出ているトラックがあって、そこに俺が作っていたエレクトロのトラックを合体させたんですけど、いい感じに落ち着きましたね。

そんな新しい要素もあれば、「KISS! KISS!! KISS!!!」はアルバムには欠かせないパーティーチューンですね。

JUN
振り付けもあって、みんなで踊れる…アルバムの中に1曲はあるっていう定番ですね。歌詞に関してはエロティックなものを意識して、音はGEORGIAに任せて、そこにSHINが自由にメロディーを乗せていって、“おっ、いいじゃん”って感じでサクサクってできました。
DJ GEORGIA
JUNくんの頭の中で明確にかたちがあったんで、それを聞きつつ“これはどう?”ってトラックを作ってって…4往復ぐらいしたのかな。最初のかたちとは随分変わったんですけど、常にチャラく(笑)。
SHIN
「KISS! KISS!! KISS!!!」は一番何も考えなかったですね。家で壊れながら作ったメロディーをそのまま持っていったり(笑)。ヴォーカルブースに入る時も、エロくていい声…それこそベッドの中で囁く声だったり、愛を叫ぶっていうことを意識してました(笑)。

テンションの高いナンバーはもう1曲あるのですが、「“お”やってる!?ライダー」はライヴ仕様ですか?

JUN
突き抜けたアッパーを作ってみたくて。ここまで速いBPMには踏み入れたことがなかった…ここまでやるとライヴで絶対にアガるって分かっていたんですけど、このジャンルではなかなか踏み入れにくいBPMだったりするんですよ。そういう意味では、一番チャレンジしている曲かもしれないです。
DJ GEORGIA
この曲はCDを聴いているだけでライヴをイメージするだろうし、ライヴでやって完成するのかなって思いますね。

アルバムを締め括る「君のために… ~You’re the only one Pt.4~」はCLIFF EDGEの王道の恋愛ソングなのですが、サブタイトルにCLIFF EDGEの恋愛ソングの代名詞と言える“You’re the only one”が付いているという。

JUN
“You’re the only one”というのは、自分の中での約束があって…メロディーとか音のアクトとかも含めて、“おっ、これはいい純愛ソングができたね”と手応えを感じた時に、“これはPt.4にしよう”って意識しながら制作したいと思っていたんですよ。で、この曲は最初にライヴで披露して、そこからいろいろブラッシュアップしていく中で“これはPt.4だ”ってなった…まさにそういう感じでしたね。

やはり、手応え十分のアルバムができたという感じですね。

JUN
集大成って言えば、集大成なんですけど、CLIFF EDGE史上最高傑作だと思います。
SHIN
最高傑作ですね。“いい曲を作ろう”って制作を続けて、生き残った曲が集まってこのラインナップになっているんですけど、結局やりたいことは応援だったり、人の気持ちをアゲるものということで変わってないので、全然バラバラにもならなかったし…そういう意味で、最初に“原点回帰”って言い方をしたんですけど。スキルアップしているところや新しく試みたところが際立っているんだけど、まとめてみると変わってないなって。今までとやっていることは一緒なんだけど、最高傑作ができたなっていう気持ちが強いですね。
『CLIFF EDGE』2012年10月10日発売Venus-B / KING RECORDS
    • 初回盤(DVD 付)
    • KICS-91818 3000円
    • 通常盤
    • KICS-1818 2500円
CLIFF EDGE プロフィール

クリフエッジ:“崖っぷち”の意味を持つJUN、SHIN、DJ GEORGIAからなるユニット。2008年のメジャーデビュー後、切ないメロディーとメッセージ性にあふれた心揺らす熱い言葉の数々が、多くのリスナーの感動を呼び、数々のヒット作を輩出! 特に11年4月リリースのコンセプトアルバムに収録された「Endless Tears feat. 中村舞子」はレコチョクRBTランキング19日連続1位を獲得し、40万DL超の大ヒットを記録した。CLIFF EDGEオフィシャルサイト
ブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。