L→R 小倉誠司(Dr)、阪井一生(Gu)、山村隆太(Vo)、尼川元気(Ba)

L→R 小倉誠司(Dr)、阪井一生(Gu)、山村隆太(Vo)、尼川元気(Ba)

【flumpool】目の前の君に向けた3rd
アルバム『experience』完成!

バンドでストリングスの中に飛び込みた
いなって思ったんです

なるほど。だからなのか、ポップなんだけど濃い楽曲が多いですよね。「Answer」はストリングスが入っていますけど、いわゆるJ-POP的な柔らかさを加味するためではなく、クラシックのようにアグレッシブに煽られるようなアレンジになっていて。

小倉
仰られた通りで、今までも僕らはストリングスを使ったアレンジをやってきましたけど、バラードだったり、柔らかい雰囲気の曲だったんですよね。で、これと似て非なる曲で「reboot~あきらめない詩~」があって、アッパーなんですけどストリングスが入っているっていう。ただ、それもバンドが中心にあって、ストリングスが囲んでいるようなイメージだったんですよ。それはそれで良かったんですけど、こうやってツアーを回ってきて、演奏のレベルは上がってきているんで、バンドでストリングスの中に飛び込みたいなって思ったんですよね。楽曲的にもドラマチックにしたかったので。ツアーの前だったら、こういうアレンジをやっても僕らのほうが負けていたかもしれないですよね。それが、こうやって長いツアーを経ることによって、負けない自信が付いたっていう。そことは、こういうアルバムができたっていうところにもつながってきますけどね。

バンドが鍛えられたから、バンドだけでアレンジするっていうやり方もあると思うんですよ。それがflumpoolの場合、他のものに飛び込んで強度を知らしめるっていうのが興味深いです。

小倉
そうですね。今作を聴いてくれたいろんな人に“バラエティー豊かだね。それでもバンドっぽいよね”って言われるんですよね。自分でも聴いていて、バンドとして筋が通ったアルバムになったなって思ってたんで嬉しかったですね。どんなアレンジをしてもバンドサウンドが立つので、こういうアルバムになっていったっていうか。

阪井さんは、アレンジに関してはどう思っています?

阪井
いろんな曲にチャレンジしたいっていうのはありました。今まで、曲作りをギターと歌だけでやっていたんですよね。でも、この2年間でできることがどんどん増えていったんです。自分でストリングスを打ち込むこともできるようになったり。機材も増えたし、知識も増えたし、自分の頭で考えていたことをかたちにできるようになったんです。だから、自分がこういう曲を作りたいっていう理想まで近づけるようになったし、今までやっていなかった曲も作れるようになったんで。

特にチャレンジを果たせた曲を挙げるとすると?

阪井
「イイじゃない?」ですかね。曲はいつもメロディーから作るんですけど、この曲は自分の中でアレンジができていたんで、歌なしでホーンとかまでがっつり固めていって、そこからメロディーを乗せていったんですよね。

だから、動物的に踊れるような感覚があるのかもしれないですね。歌詞のエロい感じもマッチしていていいです。

山村
ツアー中に作っていて…バカになるじゃないですけど、昨日の苦しみや明日の悩みは、今日を楽しむためにあるんだと思えばね、何でもいいじゃない?って。ある種無責任に楽しむのが、ライヴの開放感だと思うので。そこをいい具合に歌詞にしました。

アルバムを通して、遊び心あり、シリアスありっていうflumpoolらしさが堪能できるという。

山村
そうですね。「イイじゃない?」から「Across the Times」は、特に温度差があるっていう(笑)。でも、ライヴっぽいんですよ。「イイじゃない?」の後にMCを入れるかな、とか想像できるし。

セットリストを考えるように曲順も作ったのですか?

山村
いや、そこまで、これでライヴを組めるようにとかは考えていなかったですけど、メリハリの付け方はセットリストに近いものがあると思いますね。

最後がささやかに「36℃」で締め括るところもいいですね。

山村
最初と最後の曲は、早い段階で決まったんですよ。広い愛を歌う「どんな未来にも愛はある」から、部屋で歌うような「36℃」に向かう流れは、ツアーでたくさんの人と向き合って、でもやりたいことはひとりに届ける音楽だって思った心情が表れていますね。

今作のリリース後にも、年明けには横浜アリーナと大阪城ホールでライヴが予定されていますが。

山村
2か所っていう限られた場所での開催ですけど、全国からみなさん来てくれると思いますので、その時だけしか感じることのできないライヴを観せたいですね。
尼川
ホールで長いツアーをしてきたので、そういうライヴをアリーナでもしたいと思います。

アリーナという巨大な会場ですけど、さっき仰っていたようにひとりひとりに届けるようなライヴになるといいですね。

山村
そこは挑戦ですね。一番後ろの人も、一番楽しんでいるって思えるようなライヴにしたいです。
『experimental』
    • 『experimental』
    • AZCS-1021
    • 2012.12.12
    • 1500円
    • 【通常盤】
    • AZCS-1020
    • 2800円
    • 『experience』
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • AZZS-12
    • 2012.12.12
    • 3300円
flumpool プロフィール

フランプール:山村隆太、阪井一生、尼川元気の3人でのアコギユニットを経て、知人の紹介で出会った小倉誠司が加入して結成。2008年10月1日リリースした配信シングル「花になれ」がデビュー10日間で100万ダウンロードを突破して話題に。翌年には日本武道館公演を成功させ、3年連続でNHK紅白歌合戦にも出演を果たした。17年12月に山村が歌唱時機能性発声障害であることが判明し、治療に専念するため活動休止。19年1月13日、バンドの結成日でもあるこの日に大阪・天王寺公園でゲリラライヴを実施し、活動再開を発表した。20年春にアルバム『Real』をリリース予定。flumpool オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着