【夜の本気ダンス】『WONDERFUL! DA
NCEABLE! ENSEMBLE!』2016年7月15日
at 恵比寿LIQUIDROOM

撮影:石崎祥子/取材:田山雄士

 恵比寿LIQUIDROOMの場内が暗転すると同時に、いきなりパワフルなドラムが鳴り響き、真紅の引幕が開けば、ステージではすでに米田貴紀(Vo&Gu)、町田建人(Gu)、マイケル(Ba)、鈴鹿秋斗(Dr)の4人がキリッと演奏している! いつもはSEで流す「ロシアのビッグマフ」をトップに持ってくることでいい緊張感が生まれ、そのテンションを継いで黄と赤のギラついた照明が輝き出す「Crazy Dancer」へ。メジャーデビューアルバム『DANCEABLE』のアートワークを意識したそんな色使い、「Oh Yeah」でのツインギターのコントラストといった見せ場も多く、早速オーディエンスのハートを掴んでみせた。

 ギターはよりラウドに、低音は太く締まっていて、ブラッシュアップされたグルーブも聴きどころ。加えて、“上にジャンプできますか?”と米田が誘い、パンパンのLIQUIDROOMを「By My Side」で揺らしにかかるのだから、もう楽しくてしょうがない。中盤には、「fuckin' so tired」で始まる激熱メドレーを投下! 米田はネクタイを放り投げ、「Only Nineteen」のサビでスウィートに踊らせるなど、フロアーを自在にリードしていく。「B!tch」のあのギターリフを、マイケルが“タラララ ラララーン♪”とコーラスするのもニクいです。もともとシンプルにアガれる楽曲をこれだけおいしくつながれたら、踊らずにいるほうがよっぽど難しい。

 そして、米田がいつになくソウルフルで伸びやかな歌声を聴かせる「Dance in the rain」も素晴らしかった。このアダルトな攻め、ゆらゆらと腰をクネらす彼の動きに合わせて、観客はとても気持ち良くノッている。そうした瞬間こそ、『DANCEABLE』の発展がより実感できるというもの。ライヴの反応で、メンバーも手応えがあったに違いない。

 もちろん、鈴鹿の喋りも冴えまくり! 特効のスモークを見て、“今日はエイトフォー(『8x4』)がすごいな~! この前フレデリックのライヴ行ったら、「うわさのケムリの女の子」っていう曲でエイトフォーめっちゃ出てたで!!”と笑わせたり、ノリノリで何度も“イエー!”と叫んで盛り上げたかと思えば、“なんか、俺、ORANGE RANGEみたいやな”とこぼし、突如「ロコローション」のイントロを叩き始めたり、さすがのMCモンスターぶりを発揮していた。

 他にも、「夜に本気ダンス」で米田がマラカスを振ったり、鈴鹿に負けじと第二のMCモンスターを目指すマイケルが“まいどー!”“おおきに!!”のコール&レスポンスで沸かせたり、形式ばったところはどんどんなくなってきているように見える夜ダン。後半は「Feel so good」「escape with you」のタフなビートナンバーで突っ走り、本編ラストの「戦争」では会場を狂おしいほどに過熱させた。

 “今回のツアー、本当に全カ所が最高なんですよ。こういった空間を大切にしたいと思ってます。これからも一緒に踊りましょう”と米田が感謝の言葉を告げ、ダブルアンコールで披露されたのは「Fun Fun Fun」。《駆け出す僕らを止めないで》のフレーズが辺りにキラキラと広がり、ソールドアウトの東京編が大盛況で幕を閉じた。

セットリスト

  1. ロシアのビッグマフ
  2. Crazy Dancer
  3. Oh Yeah
  4. By My Side
  5. LOVE CONNECTION
  6. Dookie Man
  7. fuckin' so tired
  8. Only Nineteen
  9. B!tch
  10. You gotta move
  11. Logical heart
  12. You & I
  13. Dance in the rain
  14. Show down
  15. Only Seventeen
  16. 夜に本気ダンス
  17. Feel so good
  18. escape with you
  19. 戦争
  20. <ENCORE1>
  21. for young
  22. WHERE?
  23. <ENCORE2>
  24. Fun Fun Fun
夜の本気ダンス プロフィール

ヨルノホンキダンス:2008年に結成された、京都出身の4人組ダンスロックバンド。踊れて泣ける100パーセントのダンスロックとライヴパフォーマンスを武器に着実に支持を獲得し、全国のイベントやフェスに出演を果たす。満を持して、16年3月9日にアルバム『DANCEABLE』でGetting Better Recordsよりメジャーデビュー。同年9月をもってギターの町田建人が脱退し、10月に西田一紀が加入。夜の本気ダンス オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」