L→R MARCY(Dr&Cho)、ROY(Vo&Ba)、TAXMAN(Gu&Vo)、JIM(Gu&Cho)

L→R MARCY(Dr&Cho)、ROY(Vo&Ba)、TAXMAN(Gu&Vo)、JIM(Gu&Cho)

絶好調のTHE BAWDIESがメジャー4thアルバムを完成させた。日本武道館でのワンマン、ザ・ソニックスとの対バンを通して、バンドに芽生えたものとは?  今、彼らが抱く大いなる野望についてもたっぷり語ってもらった。
取材:田山雄士

また新たな自信作ができたんじゃないかと。

ROY
最高傑作だと思います! メジャー1stの『THIS IS MY STORY』でルーツミュージックを追求できて、次の『THERE’S NO TURNING BACK』では素の自分たちを出せて、前作『LIVE THE LIFE I LOVE』はそのふたつをひとつにした内容だったんです。そこでバンドのかたちができて、発信したいメッセージも固まってきた。で、そのあとに日本武道館でライヴができたというのは、日本のロックンロールバンドとして認めてもらえたってことだと思ってて。なので、ここで新たなステップを表現する一枚を作らなければいけないなと。「ROCK ME BABY」はドラマの主題歌に選んでもらったおかげで、ロックンロールを知らない世代の人たちにも届いたじゃないですか。僕らの一番の野望は、ポピュラーミュージックのシーンにロックンロールを加えることで。今回はそれを強く考えて作ったアルバムになってます。特に若い世代って受け身な姿勢が多い気がして、踏み出すのをためらってしまってるけど、振り切ってみないと良いか悪いかも分からないですよね? “やってみよう”っていう振り切るパワーをくれるのがロックンロールですから。お祭りの時とかに見せる爆発力を、日本人は本来持ってるはずなんですよ。もっと明るくなれる。単純かもしれないけど、単純を叫ぶのがロックだし。

サカナクションがJ-POPにダンスミュージックで挑んでる感覚に近いと思いました。

ROY
うん!  同じ感覚だと思います。(山口)一郎くんとはちょこちょこ話す機会があって、先に見てる景色、持ってる信念はすごく近いなぁって。でも、浸透すればするほど、いろんな見方もされるんですよ。“ポピュラーミュージックに吸収されちゃってるんじゃないの?”みたいなね。だけど、そうじゃない。ってことは、このアルバムを聴けば分かってもらえるはずです。

アルバムのタイトルが、初回盤のボーナストラック(通常盤には未収録)の曲名と同じですよね?

ROY
そう。実は(初回盤の)ボートラの「1-2-3」に“12曲目”という意味合いはまったくなくて、このアルバムは11曲で完結してるんですよ。ロックンロールの初期衝動や爆発力は11曲に詰まってる。で、その11曲を1曲に置き換えたのが「1-2-3」という楽曲なんです。アナログのテープで一発録りして、僕が曲をメンバーに聴かせるのも、録音やミックスも全て一日で終わらせました。その緊張感たっぷりの映像は初回特典のDVDで観られます。
MARCY
程良いプレッシャーの中、みんなで一曲に向かっていくというのはほとんど初めてだったけど、楽しんでやれましたね。今までの活動で養ってきたものがあるからこそできたと思います。イメージングも早かったし。
TAXMAN
そういうコンセプトでやるのは楽しみでした。24トラックのテープでのレコーディングって、今はなかなかできないじゃないですか。アナログならではの奥行き、温かみのある音を聴くと、幸せな気持ちになりますよね。
JIM
みんなが言ってくれた通りだと思います(笑)。

ぜひ、初回盤をチェックしてほしいですね。ここにきて曲の作り方が変わってきたりはしていますか?

ROY
一曲一曲を練られる時間がいつもよりも多かったってのが、今回たまたまあって。レコーディング期間は特になかったんですけど、“曲ができたら録る”スタイルでできたのが良かったです。あとは、ソニックスとのライヴが終わってからアルバムを意識し始めたんですけど、そこの時点で「RED ROCKET SHIP」「ROCK ME BABY」、ソニックスに刺激を受けてできた「LONELY MAN」、その刺激がスッキリと吸収されたことで生まれた「LEMONADE」、そしてドラマ主題歌の候補曲として挙げたもう1曲の「I WANT YOUR LOVE AGAIN」が揃ってたんです。で、少しあとにJIMが「SHA LA LA」を持ってきてくれた。となると、僕はもうアルバムの1曲目になるようなドカンとくる楽曲だけを作ればいいんだなって。気分のいい時だけ曲を作ればいいっていう精神的余裕がありましたね。

最後に、2012年がどんな年だったかを教えてください。

MARCY
武道館公演やドラマ主題歌をやって、僕らのことを知ってくれた人が増えたと思うんです。だから、そういう人たちに次の音源を期待させたかった。そのために今年はアルバム作りに没頭しました。ライヴを減らしてたので、他の人の公演に行くとやりたいなって気持ちになりましたけど(笑)。でも、来年は(全都道府県を回る)長いツアーをやるから楽しみにしててほしいです!
TAXMAN
今年が再出発になるのは予感してました。気を引き締めていく中で、ソニックスとのライヴがあって、夏フェスも出られて、刺激が多かったですね。一方で、レコーディングが生活の一部のようにあったから、その時期ごとの自分の感情や受けた刺激を楽曲に詰められました。結果として、すごく楽しめた一年ですね。
JIM
浮き足立っちゃう可能性もあったと思うんですけど、去年から得た使命感やロックンロールへの意識の高さで、地に足を付けていられたかな。何事にも誠実でいたい気持ちが、今年は特にありましたね。個人的に事故に遭ったこと、震災が起きたことを経て、物事に対する意識が高くなってる。日々の喜び、4人で集まって音楽を作れる喜びを強く感じました。
ROY
ドラマ主題歌へのチャレンジと、自分たちの原点であるソニックスに勝負を挑めたこと、このふたつは大きいですね。夢を叶えたりスタートさせたりすることができた、そんな一年だったと思います。もちろん、アルバム制作も含めて。2013年は得たものを放出していけるはずです!
『1-2-3』
    • 『1-2-3』
    • 初回限定盤(DVD 付)
    • VIZL-516
    • 2013.01.16
    • 3500円
THE BAWDIES プロフィール

ザ・ボウディーズ:小学校からの同級生のROY、JIM、MARCYと高校からの同級生、TAXMANによって2004年1月1日に結成。唯一無二の圧倒的なヴォーカルを武器に、メンバーが敬愛するリトル・リチャード/レイ・チャールズに代表されるリズム&ブルース/ロックンロールのルーツを昇華した楽曲、誰もを楽しませてくれるライヴが各地で噂を呼ぶ。THE BAWDIES オフィシャルHP
Getting Better Records

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。