L→R KO-01(Ba&Cho)、KENSAKU(Dr)、TAKUYA(Vo&Gu)、JUNYA(Gu&Cho)

L→R KO-01(Ba&Cho)、KENSAKU(Dr)、TAKUYA(Vo&Gu)、JUNYA(Gu&Cho)

【GLORY HILL】GLORY HILLの新しい面
と軌跡が見える

メジャーデビュー曲「LOST」に続く新曲が完成! ゲストプレイヤーに伊澤一葉(ex.東京事変)、プロデューサーにJeff Miyaharaを迎えた、パワフルなバンドサウンドとピアノの美しい旋律が融合する新境地作「TREASURE」に込めた思いを訊いた。
取材:道明利友

今回の「TREASURE」は、ピアノをフィーチャーするというまた新たなスタイルに挑戦していますね。

TAKUYA
はい。4曲目に収録した「TREASURE -Ballad Version-」は、確かにGLORY HILLの作品の中でもかなり振り切った感じだと思うんですけど。自分たちは“メロディックパンク”っていう括りでやってきましたけど、今まで聴いてきた音楽ルーツはパンク的なものだけじゃなくて、例えば90年代のJ-POPとかも好きなんですよね。ただ、音の基本は自分たち4人のガツン!とした演奏だっていうのは、この曲も当然変わらなくて。で、日本の音楽の中には、バラードの良い曲がたくさんあるじゃないですか。そういう音楽も自分たちは大好きだし、今までの作品には実際にバラードもあったので、こういうスタイルも自分たち的にはすごく自然にやれてる感覚ではあるんですよ。

そう言えば、“グッドメロディーが血に流れている”という話を「LOST」の取材の時にしてくれましたね。その血が、こういうスタイルの作品だとより濃く表れるというか。

KO-01
かもしれないですね。もともとはピアノのフレーズはギターでやってたんです。で、“それ、ピアノでやったらどうなの?”って話がスタッフから出て、“なるほどね!”みたいな(笑)。
TAKUYA
で、実際にやってみたら…“これだよね!”って、音のイメージはもう全員一致で!
JUNYA
ピアノも含めて、曲作りはいろんな人たちのアイデアだったりも加えながらブラッシュアップしていった感じですね。曲の印象としては、メロディーはポップなんですけど、哀しさみたいな雰囲気もある…“哀愁漂う”って言うとクサくなりますけど(笑)、そういう雰囲気のある曲にできたらいいなとは思ってました。
KENSAKU
哀愁漂う感じがありつつ、でも音はそれこそガツン!といかないと(笑)。曲を作っていく過程の中で、例えばドラムはキックをもうひとつ増やしてみようかとか、細かいことをどんどんやっていくとこじんまりしてきちゃうんですよ。丁寧に音を作るのはもちろん良いことで、プラスになるものもたくさんあるんですけど、細かくなることでガツン!とくる感じが失われちゃうのはやっぱりウチらじゃないよなって。どんな曲調をやるにしても、“パワー感”はやっぱり欲しいんで。

パワフルな演奏でありながら、“哀愁漂う”っていう表現も頷けます。《愛し合うことさえも 誰もが迷い生きてる》って始まる歌詞ひとつにしても、そういう感覚が表れていて。

TAKUYA
あぁーっ、そういう感覚は、「LOST」の時にもあったと思うんですけど…。今回は『シニカレ』(NOTTV開局記念ドラマの主題歌に起用)の話もあったので、そのストーリーを読ませていただいて歌詞を書いていったところもありつつ、そこへ自分の経験だったりも投影しつつ、自分の言葉で描いていって。メジャーデビューっていうタイミングで、それこそ今の話の迷いだったり、葛藤だったり…気持ちはもちろん前に行ってるんだけど、俺たちが正しい道を進んでるのかなっていう不安もやっぱりどっかにあって。その自分の心の奥にあるものが言葉になって、それと同時に、最初はネガティブな感情があったとしても、最終的には前に進みたいっていう。そういうポジティブな方向へ進んで行こうって願ってる僕自身の人間性も出てるのかなとは思うんですけどね。

しかも、今回ピアノは伊澤一葉さん、プロデュースはJeff Miyaharaさんっていうすごいおふたりとのコラボが実現したという。

TAKUYA
勉強になったね!(一同頷く)
KO-01
伊澤さんは、もう…俺らの想像を遥かに超えてました(笑)。俺らが聴いて最高!って感じても、それよりもっともっとって感じで演奏を延々と続けて、しかもキレがすごい! 本当に勉強になりましたし、刺激にもなりましたし、それによって自分たちもさらにパワーアップしなきゃって思いましたし。
KENSAKU
しかも、Jeffさんって実は根はパンクとかハードコアとか…ルーツを辿ると、ブラック・フラッグとかオペレーション・アイヴィーとかの話になったりしたんですよ(笑)。

それは意外! JUJUさんや西野カナさんの作品を手がけている方が、実はパンキッシュなルーツを持っているんですか?

KENSAKU
そうなんです。そっち系から音楽に入ったらしいんで、俺たちとつながるような部分があったのも良かったですね。
TAKUYA
そういう外部の方々と一緒にやらせてもらうことで、自分たちからは出てこないものが生まれてきて。プラス、「TREASURE」はオリジナルバージョンとバラードバージョンのふたつがあるっていうことで、歌にどう表情を付けるかっていうポイントをJeffさんと話し合ったり、勉強になったことは本当に多かったです。
JUNYA
そう。アレンジひとつで曲の表情をいくつも変えられるんだっていうのは、僕にとっても未知の領域で。アイデア次第でできないことがないんじゃないかってぐらい曲の表情を変えられるんだっていうのは、僕にとっては衝撃でした(笑)。

未知の領域を新たな作品で開拓して、同時発売されるベスト盤では今までの歴史を振り返られて。かなり昔の曲も収録されていますが、自身の曲を改めて振り返ってどう感じましたか?

TAKUYA
単純にカッコ良いなって思えました。「TREASURE」はピアノが加わってGLORY HILLの新しい面が見えるし、そのGLORY HILLが歩んできた軌跡みたいなものがベストで見えるのは2度おいしいんじゃないかなって(笑)。
KO-01
あと、昔の曲を聴いて感じるのは、“パワーがあるな!”って。それは若さからくるパワーでもあると思うんですけど、“もっと上に行きたい!”とか、“全国ツアーをやりたい!”とか…。いろいろなパワーを持って活動してきた自分たちの軌跡というか、GLORY HILLのストーリーが表れている作品っていう感じがしますね。
GLORY HILL プロフィール

05年4月に愛知県岡崎市で結成。TAKUYA(vo&g)、JUNYA(g&cho)、KO-01(b&cho)、KENSAKU(dr)の4人で構成されたエモ/メロディック・パンク・バンド。

08年3月に発売された2ndシングル「DAYBREAK e.p.」、6月に発売された3rdシングル「GET UP e.p.」(共に1万枚限定生産)が2作連続でオリコン・インディーズ・チャート1位を獲得。瞬く間に人気を不動のものとし、夏には『SUMMER SONIC 08』『ROCK IN JAPAN FES. 2008』『MONSTER baSH 2008』『湘南音楽祭』など多数の夏フェスに出演、ライヴ・バンドとしての確固たる地位を確立する。同年9月には先述の作品が完全収録されたインディーズ1stフル・アルバム『GOING NOWHERE』をリリース。

09年4月にバンド初となる日本語歌詞での4thシングル「DAYS」を、7月には夏フェスに先駆けて5thシングル「Cosmic Fly」をリリース、そして昨年に引き続き『ROCK IN JAPAN 2009』に出演が決まるなど、その勢いは留まることを知らない。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」