L→R Junpei(Dr&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Hiromu(Ba&Cho)

L→R Junpei(Dr&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Hiromu(Ba&Cho)

【SpecialThanks】今は私がリーダー
って気持ちでやっています

メンバーチェンジを経て、Misaki(Vo&Gu)、Hiromu(Ba&Cho)、Junpei(Dr&Cho)という3ピースになったSpecialThanksがミニアルバム『Campanula e.p.』を完成させた。カラフルでアッパーな彼ららしさと、芯の強くなったMisakiの歌声が、コンパクトな中に詰まった傑作。ここに至るまでを深く訊いた。
取材:高橋美穂

『Campanula e.p.』のお話の前に、昨年末のメンバー脱退について訊きたいのですが、Misakiさんはどんな心境でしたか?

Misaki
すごい悲しかったですけど…解散するっていう選択肢はなかったんで、何をやろう?って考えた時に、今まで通り、ライヴをやって、曲を書いて、レコーディングして、発表する。そしてまたライヴをやっていこうって思いました。

Hiromuさんは?

Hiromu
少し前に、辞めちゃうっていうのは聞いていて。(男子メンバーの)3人でよく一緒にいたので。
Misaki
私はギターだけは辞めるって聞いていて、正式に辞めますっていう話をしている時に、ドラムからも、実は新しい仕事のことがあって辞めるって言われて。それが、九州のツアーの一日目の夜で。明日もライヴがあるっていう時だったから、すごく衝撃的で。
Hiromu
そこしかなかったからね。
Misaki
まさか、Hiromuくんにも辞めるって言われちゃう!?って思って、すごく怖かったです。

Hiromuさんは、自分はどうしようとは考えました?

Hiromu
いや。逆に、何で辞めるんだろう!?って思ったので。

そして、Junpeiさんが加入されるわけですが。

Misaki
続けていくことを決めたなら、まずはドラムがいないとダメだねってなって。そうしたらHiromuくんの同級生で…
Hiromu
暇そうな奴がいる、と(笑)。
Misaki
最初は“無理無理”ってずっと言われていて。
Junpei
そりゃ悩むでしょ! スペサンだよ!?

大きな存在だったんですか、Junpeiさんにとってスペサンは。

Junpei
そうですね、憧れ…
Hiromu
嫉妬でしょ?(笑)

と言うと!?

Junpei
同じバンド仲間だったHiromuがスペサンに加入して。僕も将来はバンドでやっていきたいと思っていたほうだったんで、悔しかったんですよね。

なるほどね。最終的に加入を決めたのは?

Junpei
でも、やっぱりやりたかったから。
Misaki
最後は私が強引だったよね(笑)。当時のメンバーがいるスタジオに来てもらって。
Junpei
前のメンバーの演奏を見たら、信じられないくらいカッコ良かったんですよ(苦笑)。逃げたかったよ…。
Hiromu
その後に叩いてもらったら、緊張して、下手過ぎて(苦笑)。
Misaki
下手くそだったんですけど(笑)、初め鳴らした音がすごくいい!と思って。これは絶対に上手い!!って。

だんだん、3人で噛み合っていった感じですか?

Misaki
演奏面は、ここのふたり(Misaki、Junpei)が全然ダメで。私も今までは歌メインで、ギターを控えめに弾いていたので、中学生以来の練習をしました(笑)。確実に良くなっていったよね?
Hiromu
最初に比べたら全然(笑)。
Misaki
ライヴも決めちゃってね。
Hiromu
前のメンバーが大晦日で抜けて、1月の末には3人でライヴをやったんですよ。

3ピースで始動した理由もあるのですか?

Misaki
周りに、このギターカッコ良い!って思う人が、フリーで居なかったので。好きなバンドは3ピースが多かったし、やれないとは思わなかったし、やりたい気持ちもあって。焦らず、良い人が現れたら入ってもらえたらなって。

じゃあ、3ピースと決め込むわけではなく、というか。

Misaki
そうです。

この編成になって曲作りを始めて、何か変えました?

Misaki
基本的には変えていないんですけど、一番変えたのは自分の歌ですかね。ずっしり歌おうと思って。自分のギターに自信もなかったから、歌でカバーしようと。

そう、今作は歌も歌詞もいいんですよね。特に「were humming」は、強い意思表明を感じました。

Misaki
それが、今作の中で最初に書けた歌詞と曲で。ふたりが辞めて、どうしようって思っていて。メロディーとかはいつでもできるんですけど、かたちにする体力がなくって。

《ギターを弾いて 歌をうたう 幸福な歌を さあ、立ち上がるの》(和訳)って、すごくシンプルな結論に向かっていますよね。

Misaki
なんか涙が出てきた…いろいろあって。レーベルも3人になってから出してくれるか分からなくって、出してくれないなら自分たちで出そうって言っていて。でも、曲を聴いてもらったら、いいんじゃないの?ってなったんですけど。あと、震災もあったじゃないですか。もし自分が住んでいるところに起きたらどうしようって考えた時に、ギターを持って逃げれば歌うことができるでしょうって思って書きました。

そうですね、いろいろと重なりましたよね。その分、楽曲の説得力はすごく高まっていると思いますよ。

Misaki
いろいろ経験して良かった(笑)。

「For」の《私はわたしのために探しているの》(和訳)という言葉も、揺るがない強さを感じさせられます。

Misaki
強くならなきゃ!って。今までは、お兄さん方に囲まれていたから、自分が主だとは思っていたけれど、控えめにしていたんですよ。でも、今は私がリーダーだって気持ちでやっています。

ちなみに年齢は?

Misaki
ふたりとも1個上です。今まで、3個とか4個上だったんで。

同世代なんですね。それもいい効果な気がする。

Misaki
そう。バンドやってるって感じがします(笑)。
『Campanula e.p.』
    • 『Campanula e.p.』
    • KOCA-9002
    • 2012.12.05
    • 1400円
SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:Misakiを中心に、Hiromu、Chikaiからなるガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。SpecialThanks オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」