L→R YUKA(Vo)、KOUSUKE MASAKI(Gu)

L→R YUKA(Vo)、KOUSUKE MASAKI(Gu)

【moumoon】抑圧された感情を夜空に
向かって爆発させる

2013年から始まる全国ツアーでも即戦力になること間違いなしのキラーチューン「DREAMER DREAMER」と、一句一句言葉を大切に、静かに歌いかける「どこへも行かないよ」のタイプの違う2曲を掲げた両A面シングルをドロップ!
取材:ジャガー

気持ちが高ぶるイントロからどんどん勢いに乗っていく「DREAMER DREAMER」ですが、最初はどんな曲を作ろうと思っていたのですか?

YUKA
ライヴで弾けられる曲を作りたかったんです。ただ明るいだけでなく、憂鬱なんだけどハイテンション! 眠れない夜をテーマにしたいと思いました。
MASAKI
この曲は、YUKAちゃんとふたりで音遊びをしながら何にも考えずにギターを弾いている時にできました。冒頭に出てくるギターのリフが浮かんで、それにすぐに違う変な音を重ねて…という感じで、あっと言う間に最初のスケッチが完成しました。

「DREAMER DREAMER」でのギターは、同じフレーズを弾いていても、その時に鳴っている他の音とのバランスによって印象が変わるのが面白いですよね。

MASAKI
そうなんです。そう感じてもらえて嬉しいです。残響音がスパッと切れるようなギターの音が最初からずーっと鳴っているんですが、それ以外の音がいろいろ変わって、サビでは攻撃的なシンセベースの音が出てきたり、いろいろ試行錯誤を繰り返して、飽きの来ない刺激的なサウンドを目指して作りました。
YUKA
この曲は殆どが打ち込みなんですが、ひとつだけハイハットの刻みを生で録音しています。デモのスケッチの際に、試しに叩いてみたらいい感じの味を出してくれて(笑)。シンセのベースに加えて、生のベースを重ねたりしたところもお気に入りです。

《めらめら燃えるよ》や《認められたいんだ 求めてほしいのさ》などといったストレートに感情を表現する歌詞が曲のテンポに合っていて、聴くほどに楽しくなってくる曲でした。音遊びから生まれた曲に対して、どういう歌詞を乗せていこうと思いましたか?

YUKA
「DREAMER DREAMER」は、自分自身のメラメラした気持ちを込めたかったんです。なぜか分からないけど気持ちがモヤモヤしたり、沸々と煮えたぎるような感覚をとにかく発散させよう!抑圧された感情を夜空に向かって爆発させよう!!みたいな(笑)。

確かに、YUKAさんのエネルギーをものすごく感じました(笑)。口ずさむと元気になれるサビが素敵ですよね。

YUKA
サビに入った時の高揚感が好きです。叫びたい気持ちがあふれてきます。キラキラした部分と、エグい音が共存していて、サウンドが地の底のマグマから星空の雲の上まで広がっていく感じ。
MASAKI
この曲の肝は、心が踊るようなどデカいクラップの音かなって思うので、イントロが始まって最初に出てくるクラップの部分が好きです。それと、やっぱりサビの音の積み方がいつもと違うので、この部分で"この曲カッコ良い!"って思ってもらえると嬉しいです。

(笑)。そして、今回のMVやジャケ写などのビジュアル面も楽しい仕掛けがたくさんありますね。

YUKA
かなり楽しく撮影させていただきました。いろんなものが宙に浮いたりと有り得ない展開になっていくMVですが、何度観ても面白いですね。須藤監督、ありがとうございました! みんなにMVも観てほしいです。そして、ジャケットは…かなり攻めてる感じになりましたね(笑)。ふたりとも浮遊してる感じを出してもらってるんですが、遊び心があって、大好きな写真です。
MASAKI
CDジャケットは "重力を感じさせないくらい自由な世界"、MVは"沸々としたものが爆発する"っていう感じでしょうか。MVでも最後はいろんなものが無重力(!?)のような状態になるので、そこがリンクしているところです。

両A面シングルのもう一方である「どこへも行かないよ」は一転、静かに語りかけるように歌っていますね。アルペジオで奏でられる一音一音も優しく、おだやかな雰囲気に惹かれました。

YUKA
"愛している" "大好きだ"…それ以外になんて伝えればいいんだろうと思った時に"どこへも行かないよ"という言葉が一番しっくりきました。
MASAKI
最初にデモができた時から、ゆったりとして優しい音の雰囲気を大事にしたいなと思いました。

大事なところは平仮名にされていますよね?

YUKA
はい。平仮名を多く使うことで、風景が想像しやすく感じたんです。やわらかい曲なので、そうしたということもあります。

長めのアウトロは、最後に綴った主人公の想いを噛み締めるような余韻に浸らせてくれるのかなと。

YUKA
歌っていることをそのまま音にしたらこんな感じなんだ、と思います。やわらかいだけでなく、想いの深さがすごく表現されている気がして…アウトロも大好き。
MASAKI
歌詞の最後の1文を最初に読んだ時は、ちょっとショックというか、心に刺さってくるよう言葉だなって思って、どんな終わり方にするかすごく迷ったのですが、少しだけ刹那的な部分を音でも表現したいと思ったので、ちょっと荒れたファズギターの音を使ってみました。全体を通しては、隙間がすごく大事な曲になったなって思います。

3曲目の「緑の道」は、どこから作っていきましたか?

YUKA
アコースティックで軽やかなサウンドなので、木漏れ日が光るような、緑の道が思い浮かびました。その風景を想像しながら、大切な人への想いを言葉にしていきました。
MASAKI
テーマになっている、イントロからサビまでの部分が最初にできました。アコースティックギターを弾きながら、メロディーをいろいろ歌っているうちにできた曲です。

《生きてるんだと いつもよりはっきり感じた》という一文での感情の変化が印象的でした。

YUKA
毎日生きてて、一瞬だけど、この上なく幸せだ、生きてるなーって感じることがたびたびあります。その瞬間を切り取って曲に込めたかったんです。大好きな友達、恋人、家族…と一緒に歩いてて、ふと空を見上げるととても綺麗な青で、そんな時、"あぁ、生きてて良かった"と思うんです。
DREAMER DREAMER/どこへも行avex trax
    • CD+DVD
    • AVCD-48620/B 1890円
    • CD
    • AVCD-48621 1050円
moumoon プロフィール

ヴォーカル YUKAとギター柾昊佑(まさきこうすけ)によるユニットで2005年結成。
フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った“やわらかい月”という意味の造語。
YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジのきいた歌声と、柾が創造する印象的なメロディーが絶妙にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲が聴き手を柔らかく包み込む。

2006年7月に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。2007年8月ミニ・アルバム「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。
同年12月にリリースした1stシングル「Do you remember?」がラジオ、衛星波21局でパワープレイを獲得する。
2008年7月、自身初となるのワンマンライヴ(原宿ASTRO HALL)を行いチケットSOLDOUTとなる。同年12月(渋谷duo music exchange)、2009年5月(赤坂BLITZ)に行われたワンマンライヴでは両公演共にチケットが即日完売となる大盛況ぶりを見せた。
同年7月には通算5枚目となるシングル「On the right」のリリースが決定、10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを行う。オフィシャルHP
YouTube
Facebook
YUKA Twitter
MASAKI Twitter
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」