【BiSH】『BiSH Less than SEX TOUR
FINAL'帝王切開’』2016年10月8日
at 日比谷野外大音楽堂

撮影:外林健太/取材:後藤千尋

 心に残るメロディーが、いつまでもこだましている。一方で、とてつもなくパンキッシュなライヴだったーー。2015年5月のインディーズデビューからわずか1年という異例のスピードでメジャーデビューを果たしたBiSH。メジャーデビュー前に行なったライヴ公演のチケットも次々にソールドさせ、彼女たちの勢いは止まらない。今年6月からスタートした24公演の全国ツアー『BiSH Less than SEX TOUR』は、10月5日にリリースしたメジャー1stアルバム『KiLLERBiSH』を引っ提げて行なわれたものでもあったが、それと同時に彼女たちの集大成を見せるライヴでもあった。

 ツアーファイナル公演『帝王切開』は、自身過去最大規模の日比谷野外大音楽堂。会場内へ足を踏み入れたとたん、BiSHのロゴが描かれた卵型のバルーンが目に飛び込んできたが、それはこれまでの殻を破り“新たな誕生”を予感させる。そのバルーンが割れると、中から勢い良く登場したのは、9月から同ツアーに参加したアユニ・Dを含む、『KiLLER BiSH』の衣装を着た新体制の6人。満員御礼・約3000人の観客を前に、約2時間にわたってメジャーデビューシングル「DEADMAN」やアユニ・Dが作詞した「本当本気」、『KiLLER BiSH』のリード曲「オーケストラ」など、新旧織り交ぜた21曲を披露した。

 清掃員(ファンの愛称)は拳を掲げたり、隣同士で肩を組みながらヘドバンをしたりと異様な盛り上がりを見せていたが、それは“楽器を持たないパンクバンド”と謳う彼女たちが放ったサウンドであり、パフォーマンス、歌声、世界観が生み出した熱量。こんなにも観る者を夢中にさせる彼女たちは、ハードコアパンクやヘヴィメタルの要素を含みながらも、どこか青春の香りを漂わせている。そして、時に泣かせる曲も届けてくれるから、こんなにも惹かれる人が多いのかもしれない。生命力あふれる歌声もメンバーそれぞれ個性があって面白い。

 セントチヒロ・チッチの“6月から始まったツアーも今日でラスト。たくさんの人たちが会いに来てくれて、たくさんの人が笑顔を届けてくれて、感謝しかありません。私たちも、もっと上を目指して走り続けていきます。また『NEVER MiND TOUR』で会いましょう。『Less than SEX TOUR』に来てくれたみなさん全てに愛を込めて”という言葉のあと贈られたオーラス「ALL YOU NEED IS LOVE」。涙ながらに肩を寄せ合うメンバー、そしてライヴ後の彼女たちの晴れやかな表情を見て、BiSHの勢いはさらに加速していくであろうと期待に胸を躍らせている。

セットリスト

  1. BiSH -星が瞬く夜に-
  2. ファーストキッチンライフ
  3. ヒーローワナビー
  4. 本当本気
  5. IDOL is SHiT
  6. デパーチャーズ
  7. DA DANCE!!
  8. Dear...
  9. DEADMAN
  10. ぴらぴろ
  11. Primitive
  12. Is this call??
  13. スパーク
  14. Hey gate
  15. TOUMIN SHOJO
  16. サラバかな
  17. MONSTERS
  18. OTNK
  19. beautifulさ
  20. <ENCORE>
  21. オーケストラ
  22. ALL YOU NEED IS LOVE
BiSH プロフィール

ビッシュ:2015年3月に結成。16年5月にシングル「DEADMAN」でメジャーデビュー。17年11月に発表したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』は3作連続となるiTunes総合アルバムチャート1位を獲得。18年3月に発表したメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」は自身初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得。同年5月22日に開催した自身最大規模となる横浜アリーナでのワンマン公演も平日にも関わらず即日完売。今夏全国の大型フェスに多数出演、10月より初のホールツアー、12月に2万人規模のワンマンライヴ『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』を千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催する。BiSH オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。