L→R Ogaching(Ba)、Charm(Gu)、Isaac(Vo&Gu)、 Toshi(Dr)

L→R Ogaching(Ba)、Charm(Gu)、Isaac(Vo&Gu)、 Toshi(Dr)

【Hemenway】再び一歩を踏み出す勇気
を届ける最新作

10カ月連続リリースが進行中のHemenway。その第6弾となる「スタート革命」は、約1年振りのCD。テクニカルな演奏から生れる圧倒的なエネルギー、ドラマチックなメロディー、そこに込められたメッセージがあなたの心を震わす!
取材:田中 大

「スタート革命」、いい曲ですね。

Charm
ありがとうございます。この曲は去年の秋に書いたんです。秋って男としてちょっと寂しくなる季節(笑)。いろいろ考えて、切なくなりまして。その時の気持ちが込められています。“再スタート”をテーマにした曲ですね。振り返ってみると小さい頃から辛いことがあって、再スタートして…っていうことの繰り返し。そんなことも思い出して書きました。
Isaac
自分たちも音楽をやりながら落ち込んだり、上手くいかないこともあるけど、こうしてやり続けてきたんです。そういう自分たちのことも反映されている曲ですね。信じる道があれば、何度でも再スタートすることができる。それって音楽の道に限らず、いろいろなみなさんの人生とも重ね合わせられることだと思います。
Ogaching
僕はメンバーの中で一番年上なんですけど、この年齢になっても失敗ばかり(笑)。どんな人でも思い通りにいかないことはいっぱいあるはず。いろんな人たちにこの曲を伝えられたらいいなと思っています。
Toshi
僕は留学してメンバーと出会ったんですけど、その頃、ずっと練習ばかりしていました。でも、自分よりも遥かに上手い人がたくさんいて、“自分がドラムをやっていて、意味があるのかな?”って悩んだこともあるんです。でも、やっぱりドラムが好きだから、またスタートできたんですよね。そういう経験があるから、この曲は僕もすごく共感できました。

サウンドに関してもすごく力強いエネルギーをくれる曲ですね。ダンサブルな側面も持っていますし。

Toshi
そうですね。テンポが速いですけど、すごくノリもありますから。ライヴでもお客さんを盛り上げたいです。
Isaac
歌っていると心拍数が上がります。実はかなり息が辛い曲なんです(笑)。でも、その必死感が、曲に込められている想いと合っていると思います。

ギターソロがアコギですよね。あれ、すごくカッコ良い!

Charm
ソロはアコギで爽やかな感じを出したかったんです。ライヴでどうしようか悩んでいます(笑)。今のところ普通にエレキギターでやっているんですけど。

今の日本のバンドってソロを抑え気味にすることが多いですけど、Charmさんはダイナミックに弾くじゃないですか。それはHemenwayの魅力のひとつになっていますよ。

Charm
僕は子供の頃からギターソロが好きなんです。3分間くらいの曲でも、早送りしてギターソロだけ聴いたりしていたくらいで(笑)。だから、ソロはいっぱい弾いているんですけど、そういう人が増えたらいいなと思います。でも、「スタート革命」は、メンバーそれぞれの見せ場がありますよ。

ミュージックビデオは、円形のフォーメーションで演奏するみなさんの周囲をカメラが回って撮影した映像じゃないですか。メンバーそれぞれの見せ場があるこの曲の映像として、大正解だなと思います(笑)。

Isaac
なるほど(笑)。あのビデオの撮影は大変だったんですよ。動きが静止しているところがありますけど、本当に僕らが動きを止めているんです。CGとかじゃないアナログ。
Charm
ネクタイとかも止まっているみたいに固定して撮影しました。
Toshi
体勢が辛くてプルプルしたり(笑)。
Ogaching
筋肉痛が大変でした(笑)。

涙ぐましい努力の末に完成したミュージックビデオも必見ですね(笑)。「スタート革命」はアニメのオープニングテーマですけど、どんなことを感じていますか?

Isaac
朝の8時半に起きて番組を観てます(笑)。自分たちの曲を新鮮な気持ちで聴くことができました。
Ogaching
小さい子たちが聴いてくれているかと思うと、すごく嬉しいです。
Isaac
僕とCharmはアメリカに住んでいた時、アニメの影響で日本の音楽を好きになったんですよ。自分たちがアニメの音楽をやるようになったと思うと…大人になったんだなっていうのを感じます(笑)。

(笑)。これまでもアニメの曲をやったことがありますけど、海外から感想が届くこともあるのでは?

Toshi
タイの方から感想をいただいたことがありました。
Charm
去年はフランスの『JAPAN EXPO』でライヴをやったんですけど、たくさんのお客さんが日本語で歌ってくれました。世界がひとつになった気がしました(笑)。
Ogaching
「スタート革命」も、いろんな国の方に聴いていただけたら最高ですね。

配信のリリースが続いていて、今回のシングルは約1年振りのCDですけど、やっぱり独特の感慨がありますか?

Isaac
すごく嬉しいですよ。CDってアーティストの手紙みた
いなものだなと思っていて。手紙ってメールとは別の嬉しさがあ
るじゃないですか。あの感じと似ているなと思います。

現在10カ月連続シングルリリースの真っ只中で、今回は6作目なんですね。

Toshi
半分を越したんですね。10カ月連続の渋谷eggmanのライヴも毎回頑張っています。
Isaac
まだまだ意欲でいっぱいですよ。カッコ良い曲を出したいので、制作を進めています。
Ogaching
配信はブログみたいなもので、CDは手紙。それぞれの良さがあるんだと思います。僕らの物語が、こうやって1カ月に一度届けられるのっていいですね。
Charm
今って世界中のどこにいても、聴きたい人に音楽を届けられるいい時代でもあるんですよね。だから、これからもいい曲をどんどん作って届けていきたいです。
「スタート革命」2013年06月26日発売Ki/oon Music
    • 期間限定盤
    • KSCL-2249 630円
    • 通常盤
    • KSCL-2248 1223円
Hemenway プロフィール

ヘメンウェイ:アメリカのマサチューセッツ州ボストンのバークリー音楽大学で出会ったOgaching(Ba)、Toshi(Dr)、Isaac(Vo&Gu)、Charm(Gu)が2011年に結成した4人組ロックバンド。バンド名は4人が住んでいた周辺に実在するボストン市内のストリートネームから命名。自分たちが大好きで多大な影響を受けた、日本のロック&ポップスシーンでの活動を熱望して来日。本格的にライヴと制作を続ける中、2011年11月にシングル「Listen」でメジャーデビュー。2012年1月にはテレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のエンディングテーマに起用された、2ndシングル「バイマイサイド」をリリース。同年5月にはTBS系アニメ『エウレカセブンAO』のオープニングテーマとなった3rdシングル「Escape」、6月にはテレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズ ビクトリーV3』のオープニングテーマに抜擢された4thシングル「スタート革命」を発表。日、英、韓の3ヵ国語を自在に操る新感覚のポップミュージックが徐々に浸透し始め、東京・渋谷WWWなどでのワンマンライヴも成功を収める。2013年1月からは10ヵ月連続で配信シングルをリリースし、同年12月に待望の1stアルバム『The Music』を発表。オフィシャルHP
Hemenway Official Twitter
Hemenway Official Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」