L→R 愁(Ba)、Яyo(Dr)、左迅(Vo)、弐(Gu)

L→R 愁(Ba)、Яyo(Dr)、左迅(Vo)、弐(Gu)

【ギルガメッシュ】自分とメンバーを
信じたからこそ突き抜けられた

解散寸前の危機を乗り越えシーンに戻ってきたギルガメッシュ。自分に向き合い、譲れない夢に向き合い、制作されたニューアルバム『MONSTER』から放出される熱量はまさにモンスター級! バンド魂を叩き付けた4人に話を訊いた。
取材:山本弘子

活動休止を経て復活。完成した『MONSTER』は強力に熱いアルバムだと思いました。聴いていると“ほとばしる”とか“噴き出す”っていう言葉が浮かんでくる。どんな壁を乗り越えたからこそできた作品ですか?

Яyo
ちょっとディープな話になるんですけど、去年はメンバーが向いている方向にズレが出始めていて、スランプに陥ってたんですね。曲も作れなくなって、予定していたアルバムの発表もできなくて、ある意味、崩壊寸前だったんです。もっと大きい会場でやれるようにならなきゃっていうプレッシャーの中で、もともとなんでバンドを始めたのかも見失っていた時期だったし、このまま活動しても見えない道を手探りで進むだけだっていうことはメンバー全員が肌で感じていたので、一旦休もうってことになって。

そうだったんですね。

Яyo
で、家に引きこもって鬱になりそうなぐらい考えて、周りのせいにした時期もあったんですけど、そんなの関係なくて結局は自分自身なんだってことに気付いて…。ギルガメッシュにしか作れない曲があるって思ったんです。さっき言っていただいたようにライヴの光景が浮かんで、グッチャグチャで汗まみれになって噴き出すみたいな、俺たちにしか出せない男らしさやパワー感があるはずだって。海外ツアーをやって言葉が違うのに評価されてるのも、ふと冷静になったらすごいことだし、その気持ち忘れちゃダメじゃんって。もっと自信を持とうと思ったら、ふっきれて曲がどんどん出てきて、“俺は俺の信じた道をいく!”って。
Яyo の悩みは聞いていたので、“自分を信じていくんだ!”って言われた時に“なら、やっちゃおうぜ!”って思いましたね。結成10周年をギクシャクした状態で迎えるのはしゃくだし、メンバー全員、一心同体になってガツンとやろうって。結果、俺たちしかできない音楽を再構築できたし、自分たちのことを見つめ直せたという意味で、個人的にはいい空白期間だったと思いますね。
俺はリーダーというポジション上、いろんな人の意見を聞く機会が多くて、惑わされていた部分もあったなって。もっと自分たち発信でやっていかなきゃいけないし、何より4人をもっと信じなくてどうするんだよって。
Яyo
俺もメンバーを信じられたからこそ、悩みや葛藤から抜けられたんだと思う。ギルガメッシュはこの4人でしかないし、解散はあり得えないと思うので。

今、話してもらったことが『MONSTER』に詰め込まれていると思います。先行シングル「INCOMPLETE」に《簡単に終われる程 その夢はそんなに軽いモノなのか どうなんだ》という歌詞が出てくるけど、そういうことを自分たちに突きつけた上で作り上げたアルバムなのかと。

左迅
弱かった自分たちへの戒めを込めて「INCOMPLETE」の歌詞を書いたし、アルバムの詞にも活動休止の時に思っていたこと、葛藤も詰め込んであるので、俺らが止まっていた期間、何を考えてどうしていたのかが凝縮されてますね。

ギルガメッシュの音楽にはヘヴィロック、ヒップホップ、エモパンクといろんな要素が入っているけれど、構築されているのに超エネルギッシュで、毛穴が開いちゃってるような歌と演奏がパッケージされてると思いました(笑)。なんで、こんなに熱量のある音が録れるのかと。

Яyo
やっぱり時間をかけたことはデカいですね。自分の家に頑張ってプライベートスタジオを作って、そこで全曲録って、エンジニアリングも自分でやったんです。曲作り、アレンジ、レコーディング全てにこだわって。
練りに練りましたね。
Яyo
それでいてレコーディング中はみんな“やったるぜ!”って気持ちでモチベーションが高かったんですよ。ヴォーカルがパンイチで歌ったりとか(笑)。
左迅
ヴォーカルブースが電話ボックスぐらいの大きさなので、ワンフレーズ歌うと酸素がなくなるんですよ。俺、汗っかきなので衣服なんか着てられねーって(笑)。音楽やバンドを好きな気持ちは変わらずに、より自分の想いを素直に赤裸々に表現できるようになったのも熱さにつながったのかなって。
あと、サウンドも強力で、レコーディングしてても狂気を感じましたからね。終始ハイだったし、すげえ面白かった。
“出さなきゃ”じゃなくて“出したい!! ”と思って作ったアルバムだから強いと思いますね。

前半がヘヴィでガシガシくる曲が中心で7曲目のダンスチューン「Resolution」あたりから曲調が開けて、希望へと向かっていく展開になっているように思えたのですが。

Яyo
作る前からそういう構成にしたいと思ってたんです。なぶり殺しで始まって最後は笑顔で終わりたいなって。

ラスト曲「ALONE」はレゲエテイストで、ほっこりした感じで終わりますものね。

Яyo
そうですね。6枚目のアルバムだし、ギルガメッシュができる振り幅を全部見せたいなと思って。

なるほど。アルバムタイトルの名付け親は?

俺です。デモを聴いた段階ですごくパワーを感じた曲ばかりだったし、音にもモンスターの叫び声みたいな狂気を感じたので、モンスターアルバムだなって。

4人のモンスターが野に放たれるみたいな印象も受けました(笑)。最後に2014年の10周年に向けた熱い想いを。

左迅
危機に陥って這い上がってきたので、来年のツアーではこれまで歩んできた10年を凝縮したようなものを見せたいし、ライヴ三昧の日々にして、1年を通してギルガメッシュの10周年を祝えればいいですね。
毎日がお祭りみたいに楽しく過ごしたいですね。
『MONSTER』2013年11月27日発売DANGER CRUE RECORDS
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • XNDC-10060/B 4725円
    • 【通常盤】
    • XNDC-10061 3150円
ギルガメッシュ プロフィール

04年3月に、左迅(サトシ)(vo)、弐〜ニィ〜(g)、愁〜shuU〜(b)、Яyo(リョウ)(dr)の4人で現在の道を歩み始める。08年1月に初のヨーロッパ・ツアーを行い、『stupid tour '08』と銘打たれた国内ツアーと合わせて全38公演を敢行。08年11月からスタートした『“CRAZY TOUR 08-09”IN JAPAN』では、日本全国47都道府県を駆け抜け、ファイナルの渋谷AXでは超満員のファンの前でギルガメッシュ=ライヴ・バンドの名前に相応しい最高のパフォーマンスを披露した。その後、『CRAZY TOUR』はアメリカやヨーロッパにも及び、2度目となるヨーロッパ・ツアーでは7ヶ国で約7,000人ものファンを魅了した。

そして度重なる作品リリースは、ライヴのためにあると言っても過言では無い。彼らの楽曲リリースとライヴ開催はイコールで繋がっているのだ。06年9月に1stフル・アルバム『13's reborn』、07年12月に2ndアルバム『Girugamesh』、08年11月3rdアルバム『MUSIC』と立て続けにアルバム形態のみを発表。09年には彼ら最大の魅力と言えるライヴを収録したライヴDVD『CRAZY CRAZY CRAZY』をリリース。様々なジャンルの要素を融合させ、ギルガメッシュ独自のスタイルを確立している彼らは、まさに世界標準となり各国で高い支持を得ている。ギルガメッシュ オフィシャルHP
ギルガメッシュ オフィシャルTwitter
Facebook
ギルガメッシュ オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着