【KANA-BOON】『KANA-BOON冬のワンマ
ンライブ 〜セットリストは ぼく・わ
たしにまかせな祭〜』2016年11月24日
at Zepp Tokyo

撮影:高田 梓/取材:田中 大

 聴きたい曲のリクエストを募り、その結果をもとにしてセットリストを組んだ東名阪ツアーの初日。1曲目「1.2. step to you」に続いて放たれたのは、ライヴで聴くのは久々だった「LOL」。今夜のライヴが普段と一味違う内容となりそうなことを早速予感させてくれた。

 谷口 鮪(Vo&Gu)の推し曲であり、小泉貴裕(Dr)も大好きなのだという「街色」は、ライヴでは初披露。飯田祐馬(Ba&Cho)のイチ推し「スノーグローブ」は中盤で演奏。古賀隼人(Gu&Cho)の推し曲「ストラテジー」は、あまり票が集まらなかったためセットリストには組み込まれず…投票結果を反映した内容をメンバーたちも大いに楽しんでいて、終始リラックスした様子だった。“小さな悩みから大きな悩みまで、ここに置いていってほしい。俺らの音楽を浴びることによって頑張ってくれれば嬉しいです”と終盤のMCで語った谷口。”悩みないやろ?”と彼に問いかけられ、“今、炭水化物を抜いてて。一番好きな食べもの、白米だから辛い”と答えた古賀が大爆笑を巻き起こしたりもしつつ、「シルエット」と「A.oh!!」で本編は締め括られた。

 アンコールでまず披露されたのは「ないものねだり」。そして、“今すごくバンドが楽しくて。曲もできてて。早くアルバムを出して、みんなに聴かせたいです。じゃあ、最後に1曲。1位でした。俺らにとっても、個人的にも大事な曲です”という谷口のMCの後、「眠れぬ森の君のため」がスタート。さわやかな感動が広がるエンディングとなった。

セットリスト

  1. 1.2. step to you
  2. LOL
  3. 盛者必衰の理、お断り
  4. 見たくないもの
  5. レピドシレン
  6. 白夜
  7. talking
  8. MUSiC
  9. 街色
  10. Wake up
  11. 結晶星
  12. スノーグローブ
  13. フルドライブ
  14. さくらのうた
  15. 桜の詩
  16. 羽虫と自販機
  17. シルエット
  18. A.oh!!
  19. <ENCORE>
  20. ないものねだり
  21. 眠れぬ森の君のため
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着