【家入レオ】『5th LIVE Tour~WE|
ME~』2016年12月10日 at 国際フォー
ラムA

撮影:田中聖太郎/取材:竹内美保

 水の音、鳥のさえずり、雷、通過する電車、カツカツと鳴る足音…。さまざな音が現れては消え、やがて渾然一体となって鼓動の高鳴りとなっていく。それがピークに達した瞬間、“東京!”という突き抜けるような声とともに姿を表した家入レオ。鮮やかに登場し、伸びやかに歌い上げるオープニングナンバーは「Brand New Tomorrow」。そして、笑顔で細やかに観客とコミュニケーションをとりながら、「ミスター」「シティボーイなアイツ」とポップチューンを立て続けに披露。ここ1年のインタビューで何度も口にしていた“覚醒”の体現が、明快に明確に伝わってくる。この“覚醒”が軽やかさや明るさを弾けっぷりが増したということにとどまらず、痛み、哀しみ、怒り、苦悩を凝縮したような「Silly」をより聴き手に届くような表現へと昇華させていたことは、彼女のさらなるしなやかな進化が感じられた。

 また、“静/動”“光/影”が共存したオルタナサウンドの「恍惚」から、SEをはさんで「we」をピアノの弾き語り、ロングスカートを翻しながら楽しそうに歌う「サブリナ」への緩急ある流れも大胆でありながらとてもスムーズ。曲と曲との相乗効果とその最大限の活かし方、そこにかなり緻密にこだわったであろうことがよく分かるシーンだ。

 そして、包み込むように大きく深い愛を感じさせた「Every Single Day」を本編ラストに、この曲と対になっている「僕たちの未来」をアンコールのラストに選んで披露したことには、彼女のファンへの想いがとりわけ強く表れていたように思う。そう、“未来”…この日のステージの最後には、本人と天井から降りてきたバックドロップで、初の日本武道館ライヴ(2017年4月30日)も発表された。彼女の夢がまたひとつ開花する日、“僕たち”は必ず再び集うだろう。

セットリスト

  1. Brand New Tomorrow
  2. ミスター
  3. シティボーイなアイツ
  4. 君がくれた夏
  5. 太陽の女神
  6. miss you
  7. Silly
  8. そばにいて、ラジオ
  9. I Wish
  10. さよならSummer Breeze
  11. 恍惚
  12. we
  13. サブリナ
  14. Shine
  15. Hello To The World
  16. Party Girl
  17. Every Single Day
  18. <ENCORE>
  19. それぞれの明日へ
  20. わたしの歌
  21. 僕たちの未来
家入レオ プロフィール

イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、15歳の時に完成させた「サブリナ」で12年2月にメジャーデビューを果たす。光と影、希望と不安や葛藤など、精神面での深淵を綴った歌詞と表情豊かなヴォーカルで幅広い支持層を獲得。17年2月にデビュー5周年記念で初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売し、4月には初の日本武道館公演を大成功に収めた。19年2月にはデビュー7周年記念で“Premium Symphonic Night”と題した大阪城ホール公演を成功させた。家入レオ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着