【ギルガメッシュ】『ギルガメッシュ
完全燃焼!! ~やれんのか?野音~』
2012年10月28日 at 日比谷野外大音楽

取材:ジャガー

“サディスティックイヤー”と称し、常にファイティングポーズでやってきたひとつの集大成として、バンド史上最大キャパに挑む日比谷野外大音楽堂。開演前、雨足は強まる一方で、天候までもが彼らを追い詰め、ある種“最高の舞台”を用意することになった。1曲目は野音を意識したという「斬鉄拳」。逆境をも楽しみ、逞しく成長していこうとする姿勢を描いた同曲にステージをぐるりと取り囲んだオーディエンスが共鳴し、壮大なヘドバンを繰り出す。“日比谷、かましていこうぜ!”と左迅(Vo)の掛け声を合図に「bit crash」。降りしきる雨、照明が当たる場所以外はほぼ暗闇という状況下、この一年で勇ましく成長したギルガメッシュが端然と浮かび上がる。愁のベースが先陣を切る「driving time」では、“お前ら全員乗らせてやる”という意気込みが強く感じられた。他のメンバーも同じく、滑らかな指使いで激しいギターを奏でる弐は、プレイからしてテンション高く、隙あらば観客を煽り、自身もステージ前方へと駆け寄る。それは後ろからサウンドを盛り立てるЯyoの鬼気迫るドラミングもしかり。飛ばす楽曲では、やはりパワフルなドラムが聴きどころとしてのポイントが高い。そして、左迅のヴォーカルも“この気持ちをぶつける”といった強さがあり、暴れるバンドサウンドに映えた。パーソナルな部分が見えるMCを挟むと場が緩みそうなところで重厚なメロウナンバー「見えない距離」で引き締め、かと思えば村上ショージ氏より受け継いだ“ドゥーン!”を全力でやったりと、ギルガメッシュというバンドは本当に稀に見るエンターテイナーである。ラストは「Break Down」で観客と一体となり、笑顔で完全燃焼してみせた。

セットリスト

  1. 斬鉄拳
  2. bit crash
  3. お前に捧げる醜い声
  4. driving time
  5. 未発表曲
  6. ALIVE
  7. FREAKS
  8. CRAZY-FLAG
  9. MISSION CODE
  10. 見えない距離
  11. 終わりと未来
  12. 未発表曲
  13. sunrise
  14. DIRTY STORY
  15. BORDER
  16. 絶頂BANG!!
  17. evolution
  18. Never ending story
  19. shining
  20. Break Down
ギルガメッシュ プロフィール

04年3月に、左迅(サトシ)(vo)、弐〜ニィ〜(g)、愁〜shuU〜(b)、Яyo(リョウ)(dr)の4人で現在の道を歩み始める。08年1月に初のヨーロッパ・ツアーを行い、『stupid tour '08』と銘打たれた国内ツアーと合わせて全38公演を敢行。08年11月からスタートした『“CRAZY TOUR 08-09”IN JAPAN』では、日本全国47都道府県を駆け抜け、ファイナルの渋谷AXでは超満員のファンの前でギルガメッシュ=ライヴ・バンドの名前に相応しい最高のパフォーマンスを披露した。その後、『CRAZY TOUR』はアメリカやヨーロッパにも及び、2度目となるヨーロッパ・ツアーでは7ヶ国で約7,000人ものファンを魅了した。

そして度重なる作品リリースは、ライヴのためにあると言っても過言では無い。彼らの楽曲リリースとライヴ開催はイコールで繋がっているのだ。06年9月に1stフル・アルバム『13's reborn』、07年12月に2ndアルバム『Girugamesh』、08年11月3rdアルバム『MUSIC』と立て続けにアルバム形態のみを発表。09年には彼ら最大の魅力と言えるライヴを収録したライヴDVD『CRAZY CRAZY CRAZY』をリリース。様々なジャンルの要素を融合させ、ギルガメッシュ独自のスタイルを確立している彼らは、まさに世界標準となり各国で高い支持を得ている。ギルガメッシュ オフィシャルHP
ギルガメッシュ オフィシャルTwitter
Facebook
ギルガメッシュ オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着