【吉井和哉】『YOSHII KAZUYA.HEART
S TOUR 2012』2012年11月29日 at 日
本武道館

撮影:MITCH IKEDA/取材:ジャガー

“みんなが点で、それがひとつになってハートを作るような…ハートの見せ合いっこをするツアーです”と音楽を楽しむ空間という意味に加え、人と人との結び付きや絆について考えさせられる機会となったのが本ツアーである。
 これまでもスリリングなロックサウンドを響かせてきた吉井和哉だが、ここへきての周りを引き付けるあふれんばかりのバイタリティーは一体どこから生まれるものなのか? 特に今日の彼は歌う時のリアクションも大きく、時にシャウトばりのヴォーカリゼーションをみせたり、かと思えば“振り返ったら素晴らしい絵になるように”と一語一句を丁寧に歌い聴かせ、曲に陶酔するようにしてさまざまな表情を浮かべて歌う。もちろん、それは最強の布陣と呼べる吉田佳史(Dr)、三浦淳悟(Ba)、鶴谷 崇(Key)、生形真一(Gu)、日下部正則(Gu)からなるバンドメンバー“ナポリタンズDX”のエモーショナルなサウンドがあってこそ、歌にグッと吸い込まれていくのだろう。カッコ良いサウンドに酔いしれながらも、胸の奥からじわじわと温まるような感覚が得られた。
 2013年からは『TOUR 2013 GOOD BY YOSHII KAZUYA』を開催。“不吉なタイトルだけど(笑)、もっと違う世界があるんじゃないかって。オリジナルアルバムを気長に待っていてほしい”と次なる作品への制作意欲も向上しているようで、変貌の時を吉井自身も待ちわびているような穏やかな表情でファンへ告げた。周りの評価やパブリックイメージを良い意味で裏切っていく、吉井和哉。今日の圧巻のアクトを前に、歳を重ねるごとに輝きを増す彼の言葉を信じたい。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
吉井和哉 プロフィール

ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
吉井和哉 オフィシャルFacebook
吉井和哉 オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」