【矢沢洋子&THE PLASMARS】『ROUTE
405~ナニヨ!キドッチャッテ!!!~T
OUR』2012年12月1日 at Shibuya Mil
kyway

撮影:越川麻希/取材:石田博嗣

自身にとって初ワンマンだが、思い切り楽しみながらもしっかりと客を煽り、イニシアチブは彼女が握っていた。そして、新作のミニアルバム『ROUTE 405』からのナンバーを中心に、新旧さまざまな楽曲…しかもご機嫌なロックンロールが矢継ぎ早に繰り出され、彼女に“ロックって楽しい! でしょ?”と言われているような大騒ぎ&大はしゃぎのライヴが展開されていく。もはや定番曲となったSuzi Quatroの「THE WILD ONE」をはじめ、起爆剤的な「ROSY」やキラーチューン「too late」などを投下し、フロアを沸騰状態させると代表曲「H♡NEY BUNNY」で大団円! アンコールでもしっとりとバラード「月光」を届けた後、オーラスはTHE ROOSTERSの「C.M.C」でバースト!! 矢沢洋子らしいロックな夜となったことは言うまでもない。

セットリスト

  1. SOS
  2. Give Me!!!
  3. high☆tention
  4. crazy for you
  5. fade away
  6. メリーゴーランド
  7. アマノジャク
  8. ROSY
  9. too late
  10. THE WILD ONE
  11. moon light shadow
  12. Russian Billy Boy
  13. バイバイBOY
  14. アドレナリン
  15. H♡NEY BUNNY
  16. PLASMARS THEME
  17. 月光
  18. C.M.C
矢沢洋子&THE PLASMARS プロフィール

ヤザワヨウコ・アンド・ザ・プラスマーズ:2008年にユニットでデビューを果たした矢沢洋子。10年2月から本名でのアーティスト活動を開始し、同年8月に1stアルバム『YOKO YAZAWA』を発表。11年にはアジア進出を果たすと、台湾の2大ロックフェスと中国最大級のロックフェスに出演し、国内では『RISING SUN ROCK FESTIVAL』をはじめ、各地のライヴサーキット等にも数多く出演。そんな彼女が12年9月13日より、“矢沢洋子& THE PLASMARS”として活動をスタートさせた。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着