【BOOM BOOM SATELLITES】『“EMBRA
CE” The 15th Pre Release QUATTRO
Premium Party』2012年12月6日 at
渋谷CLUB QUATTRO

撮影:タカハシアキラ/取材:ジャガー

2013年1月9日発売のアルバム『EMBRACE』をいち早く耳にすることができる(しかも本人たちの演奏で新曲を聴ける!!)貴重な機会。加えて、ライヴの模様を写真撮影してもいいという大盤振る舞い。運良く参加できた面々で開演前からすし詰め状態の中、メンバーが静かに姿を現す。
 シャッターチャンスを逃すまいと観客がこぞってカメラや携帯電話をステージに向ける異様な光景が広がっていたものの、いざ彼らの緊張感ある音を聴いてしまうとつい体がノってしまう。1曲目「NINE」の静かな立ち上がりから、サビへの突き抜け具合に興奮を覚えたオーディエンスが早々にフロアを大きく揺らしていた。浮遊感あるサウンドと渋めのビートが魅力を放つ「ANOTHER PEPFECT DAY」や自身初となるカバーに挑戦したTHE BEATLESの「HELTER SKELTER」など、待望の新曲たちに歓声もいっそう強まる。その他にも、繊細なデジタルサウンドに絡む荒々しいドラム、歪んだギターも参戦しての「EASY ACTION」や中野雅之(Programming&Ba)と川島道行(Vo&Gu)のテンションも最高潮に達した本編ラストの「KICK IT OUT」などを披露した。ツアーファイナルを日本武道館で行なうことをサラッと言いのけてのアンコール。本編以上にラウドな楽曲をセレクトし、タフなプレイスタイルを見せつけると、“じゃ、武道館で会いましょう”と「STAY」へ。穏やかに紡がれる一音一音が優しく場内を包み込み、徐々に熱が伝わっていく。そんな同曲の壮大さにただただ魅入ってしまうのだった。

セットリスト

  1. NINE
  2. ANOTHER PEPFECT DAY
  3. HELTER SKELTER
  4. BACK ON MY FEET
  5. MOMENT I COUNT
  6. BROKEN MIRROR
  7. EMBRACE
  8. FOGBOUND
  9. EASY ACTION
  10. KICK IT OUT
  11. DIVE FOR YOU
  12. DRESS LIKE AN ANGEL
  13. STAY
BOOM BOOM SATELLITES プロフィール

石野卓球(電気グルーヴ)やケン・イシイをはじめとするテクノ系アーティストが、海外のシーンでも活躍するようになって久しい。そんな状況のなか、川島道行(g&vo&programing)、中野雅之(b&programing)から成るブンブンサテライツも、ベルギーのダンス・レーベル、R&S(ケン・イシイもリリースしている)からデビュー作を発表している。ドラムンベースやブレイク・ビーツといったエレクトリック・ミュージックを、「人力」によるバンド・サウンドで繰り広げる——という革新的なスタイルは、ヨーロッパ各地のフェスティバルで大いに話題を呼び、ケミカル・ブラザーズやアンダーワールドといったビッグ・ネームからの支持も獲得した。また、97年には、シングル「ジョイライド」で日本デビューも果たしている。
ブンブンうなるベースと、凶暴性を携えた性急なビートが交錯する先鋭的なサウンドからは今後も目が離せない。公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着