【DOLL$BOXX】『DOLL$BOXX First on
eman Tour「DOLL$HOW 2012」』2012年
12月16日 at 新宿BLAZE

撮影:大塚秀美/取材:土内 昇

Gacharic SpinとLIGHT BRINGERのヴォーカリストFukiによるスペシャルバンド、DOLL$BOXXの初ワンマンツアーの初日。ツアータイトルが“DOLL$HOW”ということもあり、笑いあり、涙あり、感動ありのショーだった。“どうすればお客さんを楽しませられるか?”を信条としているようなGacharic Spinをご存知の方なら分かると思うが、不意にコミカルな要素を入れて“笑い”のツボを突いてくるのは、このバンドでも同じだ。真剣に音楽と向き合っているからこそ、真剣にふざける…わけだが、さすがにやりすぎるとFikiの鉄砕牙(ガ●ャピンのスリッパ)が炸裂! そのやりとりもまた彼女たちらしいところ。
逆に“涙あり”は、大事にしているぬいぐるみたちの気持ちになって書いたと、Fukiが歌詞に込めた想いを伝えた後に披露されたバラード「Doll'sBox」。圧倒的なヴォーカリゼーションとドラマチックな音像で届けられた彼女のピュアな心情は、フロアを埋めるファンの大半は男性だとはいえ、その胸に深く響いたことだろう。
そして、“感動あり”は、やはり演奏だ。パワフルで表情豊かなハイトーンヴォーカルを武器とするFuki、タッピングを絡めた華麗なソロを聴かせるギターのTOMO-ZO、ベースが打楽器に思えるほどのスラップに目と耳を奪われるF チョッパーKOGA、高速ドラムから変拍子まで自在に繰り出すはな、楽曲に広がりを与える音色を操りつつ突飛なパフォーマンスでも存在感を発揮するキーボードのオレオレオナ…そんな5人が個性を120パーセントを出さないと成立しないDOLL$BOXXのナンバーは聴き応え十分! しかも、牙を剥くような緊迫感をはらんで襲いかかってくるのだが、印象としては“楽しさ”が勝るというのが最大の特徴である。さらに、カバー曲に至っては彼女たちのガチの演奏の凄まじさに、ただただ圧倒されるばかり。圧巻の超絶テクで魅せるプレイは、まさに感動ものだった。
ワンマンツアーの初日で、初のワンマン公演。百戦錬磨のライヴバンドであるGacharic SpinとLIGHT BRINGERの合体ということで、妙な緊張感や焦燥感などなく、“DOLL$BOXXお披露目パーティー”のような華やかなショーだったことは想像に容易いだろう。2013年はそれぞれの本体のバンドで忙しくなるようだが、また再集結してくれることだろう…いや、きっとしてくれるはず! フロアはもちろん、ステージ上も終始、笑顔だったのだから。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
DOLL$BOXX プロフィール

ドールズボックス:2012年3月全国ツアー中のGacharic Spinとツアーサポートヴォーカルとして起用されたFukiとの出会いによって誕生。同年12月、お互いの魅力と武器がふんだんに味わえるアルバム『DOLLS APARTMENT』を発表。その後、それぞれの活動に戻っていたが、5年の歳月を経て再始動! 17年11月にミニアルバム『high $pec』をリリースした。DOLL$BOXX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着