L→R 華凛(Ba)、K(Dr)、Shinno(Gu)、団長(Vo)、Kyrie(Gu)

L→R 華凛(Ba)、K(Dr)、Shinno(Gu)、団長(Vo)、Kyrie(Gu)

【NoGoD】10年続いた理由があるとす
るなら 常に好きな音楽をやってきた
から

バンド結成10周年としてリリースされた2枚組ベストアルバム『VOYAGE ~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』。新曲「walk」を含む全24曲はNoGoDの軌跡であると同時に、振り幅であり、メッセージであり、バンドの信念をも伝えてくれる。
取材:土内 昇

バンド結成10周年のベストアルバムということなのですが、バンドが10年続くのはすごいことだなと。

団長
どうにかして売れてぇって言い続けての10年だから、実感がないんですよ。これでバーンと日本武道館でもやってれば、また10周年の考え方も違うんだろうけど…
Kyrie
そうだよね。ライフワークみたいな感じでやってたから、バンドを結成して10年が経ったけど、バンドをやって10年というよりは、自分が10年生きてきて、このバンドが一緒にいたというくらいです。だから、“あぁ、ここまで来たぞ”みたいな感覚はまるでないです。
団長
本気の草野球みたいなものかな。もしくは、本気のフットサルみたいな。
Kyrie
だね(笑)。それこそ大きなプロダクションやレーベルが先導してとか、誰かプロデューサーとかが先導して作ったバンドで、何か大きな目標があって、それを一生懸命やって10年が経ったのであれば、“10年走り続けてきました!”ってなるでしょうけど、僕らは自分たちで“一緒にバンドやろっか”って始まったわけで…もちろん自由気ままに必ずしもやっていたわけではないし、自分たちなりには無理もあったけど、その時に自分たちがやりたいと思ったことをやってきただけなので、本当に自分が生きていく上でNoGoDというものがずっと側にあったという感じなんですよ。
団長
良い音楽を作って良いライヴをしていきたいという初期衝動で始めたバンドだから、そこからNoGoDというものに意味を付けて、骨に肉を付けていって、10年経った今、ようやくNoGoDというものが分かってきた感じがしますね。自分の中で明確に“NoGoDはこういうバンドだ”というのが分かってきたのが、ほんとここ数年だから。
Kyrie
まぁ、もっと言ってしまえば、これから変わっていくとも思いますしね。10年前に始めたNoGoDと、今のNoGoDとは全然違うバンドだし。だから、今のNoGoDは何年やってるのかって言われたらよく分からない。
団長
たぶん、今のNoGoDは3年くらいです(笑)。
Kyrie
それも分からないけどね(笑)。区切りによって変わるわけで、考え方というか、かたちによっても変わる。それこそ録音のかたちで言えば、ここから始まったくらいのNoGoDもあったりするわけだから。
団長
もちろん、人によって好きな時期のNoGoDも違うだろうしな。“華凛ちゃんは女形のほうが良かった!”っていう人もいるかもしれない(笑)。
Kyrie
そういう意味では、今のNoGoDはまだ1年くらいなわけで。そんな感じで自分たちが生きていく上で変わっていくものとか、そういうものがいろいろあるから、今のNoGoDはいつからいつまでというのもないんですよね。
団長
だから、このバンドが10年続いた理由があるとするなら、常に好きな音楽をやってきたからだと思います。音楽性の違いでバンドが解散するっていう話をよく聞くけど、あれってあながち嘘じゃないなって思うんですよ。“もうこのバンドではやりたいことができない!”とか、それこそ“こいつらと一緒にやるのはムカつく”っていう喧嘩だと思うんですよね、俺は。でも、NoGoDは誰かがやってみたいことがあるなら、まずやってみっかって。それをどうやってNoGoDにしていくかって作業から入るので、NGになることはまずないんですよ。いきなりKyrieがヒップホップをやりたいって言ったらちょっと考えますけど…でも、たぶんやります(笑)。それくらいNoGoDって個人の音楽的なパフォーマンスを縛らない集合体なので。このバンドにいる限りは好きな音楽がずっとできるっていうのが前提にあるから、今まで続いたのかなって思いますね。だから、ソロでやりたいことってないんですよ。だって、このバンドでできるし。むしろ、NoGoDでやったほうが上手くできると思う。
Kyrie
まぁ、面白ければいいんですよ。
団長
楽しめなくなったらキツいですからね。だって、楽しみながらお金が欲しいからバンドやってるんですもん、俺は。じゃなかったら、バンドなんかやらないですよ。楽しくないことを仕事にしている人ももちろんいると思います。きっとそういう人は何か目的意識を持って仕事をしているだろうから、何が悪い何が良いじゃないですけど、俺は少なくとも好きなことをして生活をしたい。好きなことを続けるって楽しくなかったらできないですもん。好きなことが仕事になると楽しくなくなるって言うけど、だったら楽しくできる方法を探すしかない。その結果が10年間だったっていうことですよ。

楽しんでやれているからこそ、いろいろ壁があっても越えこれたんでしょうね。そして、今言われた信念が今回の新曲の「walk」になっていると。

団長
相当、生の声だと思いますね。10年バンドをやってきた人間の生な声ですよ。でも、この曲で一番俺が言いたかったのは、何もこの世に残せていないっていうフラストレーションなのかもしれない。こんだけ良い音楽をやってて、こんだけ良いライヴをやってるのに、これだけしか結果を残せなかったっていうのがすごく悔しくてしょうがないです。あんまり10周年で“悔しい”って言葉を使う人っていないと思いますけど、俺は悔しいです。もっとやりたいことがいっぱいあるし、このままでは終われないっていう意味で、歩くしかないんですよ。10周年で東京ドームやってたら解散したっていいと思う…“これ以上できないし”って。でも、やり残したことがありすぎるから歩かざるを得ないんです。とにかく、もっともっと何かを残さなきゃいけないっていう意思の表れですね。だから、このベストアルバムは中間地点なんです。“集大成”よりは、“区切り”という意味合いのほうが強い。もっともっといろんな人にNoGoDを聴いてもらいたいんですよ。だからこそ、ベストアルバムという手に取りやすいものを作ったわけなんで。

そんなベストアルバムの楽曲のセレクトはどのように?

Kyrie
いろんな人のいろんな思惑がいろんなふうに絡まってこうなりました。
団長
要は、揉めに揉めました(笑)。
Kyrie
まぁ、選択肢の幅がものすごく広いわけで…例えば、これが新譜だったら、選択肢って実はそんなにないんですよ。出てきた曲、録音した曲の中から選ぶだけなんで。でも、それでも揉めたりするわけですよ。10曲を収録するアルバムに対して20曲の曲があったら、どの曲を入れるかで揉める。それがですね、ベストアルバムになると120曲あって、そこから20曲を選ばなきゃいけないっていう。当然、各個人が思い描くベストアルバムのかたちがあったりするし、NoGoDというバンドを支えてくれているスタッフだとか、周りの人たちのいろんな思惑や思い入れもあって、NoGoDのベストアルバムってなんだろうねっていう話を2カ月くらいしましたねぇ。
団長
嫌になって、ベストを出すのをやめるかって話になったりも(笑)。まぁ、それはマズいなってことで、このかたちになって落ち着きました。

なるほど。DISC-1は分かりやすいと思うんですよ。

団長
まぁ、シングルコレクションですよね。

と、ライヴのキラーチューンですからね。興味深いのがDISC-2で。

団長
これこそ、いろんな人の思惑が入り交じった選曲ですよ(笑)。
Kyrie
まずひとつは、NoGoDというバンドをある程度いろんな側面から捉えたものにはしたかったっていう。それこそ時系列的な意味でも、楽曲の方向性的な意味でも。例えば、ライヴで稼働しやすいものだけを集めたらいいかと言ったらそうではないんですよ。僕たちの楽曲の中にはすごく叙情的なものもあれば、アグレッシブなものもあったりするので、いろんな側面をできる限り見せたいと。かと言って、振り切ったものを収録しておけば振り幅を見せられるから、それでいいかって言ったらそうじゃない。その中にも、よりNoGoDらしくというか、より自分たちらしさが分かりやすく表現できているものじゃないといけないと思ったし。なおかつ、ある一定の時期…基本的にCDに何かを収録する作業っていうのは、その時のNoGoDをパッケージにしているわけだから、時系列的にもいろんなNoGoDを収録しなくてはいけないだろうっていう。そうやって“この作品からはこういうエッセンスがあるNoGoDをチョイスしてみて”みたいなことをやった結果がこんな感じですね。

結果的にNoGoDっていろんな側面を持ったバンドなんだなと思いましたよ。でも、しっかりとNoGoDの色になっているという。

団長
基本、歌モノバンドですからね。10年間歌モノであることを変えなかったから、今でも10年前の曲をライヴでやるし。だから、ブレなくて良かったなぁって。10年ってバンドの方向性が変わるには十分な時間ですからね。その時その時のムーブメントに合わせて変えていくのも俺は全然ありだと思うんですけど、このバンドに関しては…音楽性が退化してますからね(笑)。どんどん古くなってる。でも、メロディーとメッセージは変わらないから、そこさえ変わらなければ20年経っても、30年経っても、初期の曲をやれると思いますね。体力の続く限りは(笑)。

今の団長の言葉をそのままパッケージしたようなベストアルバムになってますよ。

団長
う~ん…この先は全然違うことを歌おうかなって思ってますけどね。もう“生きろ!”とか“頑張れ!”とかやめようかなって。“しんどいしんどい”って歌ってもいいかなって。それくらいの節目だと思ってるんですよ。これで10周年のNoGoDは完全に終わりだし、このベストアルバムで一旦リフレッシュされるから。“10年間でこんなことやってきたな~”って思いながらベストアルバムを閉じて、次の新しいアルバムでどんなことをしていくかってね(笑)。
Kyrie
たぶん何も変わらないでしょ?
団長
分からないじゃないですか~。
Kyrie
そんな簡単に人間は変われないよ。
団長
まぁ、そうね(笑)。

ちなみにこのベストアルバムに入っている曲で、NoGoDの転機になった曲とか思い入れが強い曲というのは?

団長
俺は…「愚蓮」かな。NoGoDというバンドを決定付けた曲だと思うんで。オムニバスに参加させてもらった時の曲なんですけど、いろんな人に“この曲、すごくいい!”とか“キラーチューンだね”と言ってもらった曲だったし、Kyrieが入って最初に作った曲だったっていうのもあるし、今のNoGoDの基礎となる曲だと思いますね。

では、Kyrieくんは?

Kyrie
何でしょうね…作った時のことを一番覚えているのは一番新しいから「walk」なんですけど(笑)。どの曲も何を思って作ったかっていうのは今だに全部覚えているんですけど、一番大変だったのは「カクセイ」かなぁ。この曲、デモが30曲くらいあったんですよ。当時、何をそんなにみんなで気張ってるのか、俺はよく分からなかったんだけど。
団長
だって、途中でサビが変わったもんな。違う曲のサビをくっ付けたんだっけ? 
Kyrie
とかもやったね。何がやりたいとかじゃなくて、いろんな人がいろんな想いを持っていた曲だったなって。
団長
当時はこれがNoGoDの集大成だって言ってたよね、確か。
Kyrie
だから、“NoGoDを分かりやすくしたい”という意見があれば、“分かりやすくしたいって言われても、いろいろありすぎて分かんねえよ”みたいな意見もあって。

メジャーデビューのタイミングだから、そういう周りの人たちの思惑もいろいろあったでしょうね。

Kyrie
でも、そういうことを言われたのはそれっきりですけどね(笑)。
団長
そこからNoGoDってなんだか分からなくなっちゃったんですよ(笑)。で、その流れで「Raise a Flag」を作ってみたり、“これでいいのかな?”と思いながら作った「神風」がみんなから“良い曲だね!”って言われたり。結局、その時その時頑張って出した答えの積み重ねが10周年であり、このベストアルバムなんです…っていうふうに落ち着かせるしかないよね、これ?(笑)
Kyrie
まぁ、そうね。NoGoDが何かってのは分からないですね。
団長
でも、こうして24曲を並べてみると、万人に聴かせて1曲くらいは絶対にウケる曲があると思うくらいの振り幅があるというか、それぐらい渾身の曲ばかりが揃っていると思いますね。それこそメタル大好きな凝り固まったおじさまから、若いビジュアル系のバンドが好きなバンギャルちゃんまで、どれかしら1曲は引っかかると思う。たぶん、ご老人の方だって引っかかると思うんですよ。「十人十色」とか“懐かしいわね”って。
Kyrie
“懐かしい”ってなるの? ご老人が!?

“この爽快感は、昔CMで聴いたことがある”みたいな?(笑)

団長
ってか、そういう曲いっぱいあるんですよ! うちの曲どれだってタイアップを付けてもいいくらいだし、商品に合わせた曲だって作れます!
Kyrie
安くなりそうだなー(笑)。
団長
《君に口づけ〜》とかそんな曲作れるよ、チョコレートで(笑)。
Kyrie
雑いな~(笑)。

で、どんなさわやかなバンドが歌ってるのかなと思えば、白塗りのビジュアル系だと(笑)。

団長
そこで“あっ〜”ってなっちゃう(笑)。そこが悪いところなんですけどね。

それだけの振り幅があるということですが、ポップやハードだけじゃくて、「恒星」や「II―懐疑」のような深みがある曲もNOGoDの武器だと思いますよ。

団長
こういう楽曲を俺は日本でNoGoD以外にやっている人を見たことがないです。世界でうちしかいないだろうってくらいの自信はありますね。

特に「恒星」はこんな時代だからこそ必要というか、この曲の歌詞に救われている人は多いと思いますよ。

団長
音楽はそういうものであってほしいですよね。俺はメロディーもプレイも含めてメッセージだと思っているので。年々意味のない歌詞というか、ノリの歌詞が増えてる。曲によってはそれもありなんですけど…何だろうな、アツくないんですよ。みんな、シャレてるんだよな。泥臭くない、最近のロックは。鷲掴みにされないんですよね。熱量だけは絶やしたくないんですよ、俺は。10年以降も泥臭く、人の心をグーで殴るような、カフェでは流せないような暑苦しい音楽をしていたいですね。

この10周年のタイミングだからこそうかがいたいのですが、NoGoDを知らない人に“NoGoDってどんなバンド?”と訊かれたらどう説明しますか?

団長
やっぱり、このベストを聴いてください!っていう感じですかね。口で言ったら長くなるなぁ。“すげぇカッコ良いバンドです!”って言うしかないもんね。
Kyrie
(笑)。まぁ、それでいいんじゃない?
団長
“すげぇカッコ良いバンドです! 騙されたと思って1回聴いてください!”としか言えない。
Kyrie
“うわ、騙されたわー、全然カッコ良くないし、何か白いわー”って(笑)。
団長
あと、“HR/HMロックバンドです”って言うのもありだし、“J-POPのバンドです”って言うのも間違ってないし…“そもそもビジュアル系なんですか?”っていうのもあながち間違っちゃいないのかもしれない。なので、全部引っ括めて“カッコ良いバンド”なんですよ。俺は世界で一番カッコ良いバンドだと思っているので。なかなかいないですよ、そんな言い切る人(笑)。そこで“こいつ何言ってんだ?”って思われないだけのものを作ってきた自信があるし。10年前に俺が“このバンドカッコ良いんだよ!”って言っていたのと、今の俺が言ってるのじゃ重みが全然違いますから。
Kyrie
10年前からずっと言ってるしね。
団長
そうだよ! 年々重みが増していくんだよね。今最重だよ。俺の体重と一緒だよ(笑)。間違いない! それくらいカッコ良いバンドだと思います。

Kyrieくんはどうですか?

Kyrie
バンドって、ただの記号だったりするわけですよ。もっと言ってしまえば名前というのはただの記号だったりするわけで、それ自体に何か意味があるわけでないんですよ。だから、“やってきたこと”“作ってきたもの”“発信してきたこと”だけが、NoGoDっていうものを語れるのかなぁと思うんですよね。

そういう意味では、以前にKyrieくんが言ってた“メタルになり切れないところがNoGoD”って言葉が、このベストアルバムを象徴していると思うのですが。

Kyrie
そうですね。好きなものと自分がやろうとしているものの間にあるギャップというか、そこで生まれるものこそが人間らしさなのかなと思ってるんですよ。できることとできないことも含めて。例えば、全然メタルにしたくないんですけど、メタルギタリストが弾いてるみたいな感じになっちゃったりとか。だから、聴いてもらった中で出来上がっている、自分が描いていたものと違う部分こそがNoGoDなのかなとは思いますね。それこそ“こういう曲をやろうよ”とか“こういうふうにしようよ”ってやってできなかったりもするわけですよ。でも、できないというか、できているつもりでも、周りが聴いたら違うって感じる部分、それがつまりは自分らしさだったりするわけで。分かりやすく言うと、団長がすごい低い声でシャウトをしたら、何か違うってなるだろうけど、その中で表現しようとしたもの…自分なりにカッコ良く、低音でシャウトしようとしたものの中に、団長らしさがあるみたいな。それが、人間の作る音楽の魅力なのかなって。でも、昨今はそうじゃない音楽が多いと思うんですね。“人が弾いていなくてもいい音楽”というか、人間らしさを求めていない…まぁ、求めていないことはないんでしょうけど、その人らしくなくても成立してしまうものが多いなと。だから、僕は自分がやっているものには人間らしさみたいなものがあったらいいなとは思ってます。そういうものがNoGoDらしさになっていくんだろうし。

確かに、NoGoDの曲は人間臭いですからね。

団長
泥臭いんですよ(笑)。

そして、このベストアルバムを携えての長いツアーが控えてるわけですが。

団長
本当は47都道府県に行きたかったんですよ。それでもなるべく行けるところに行こう…10周年だし、まだ行ったことがないところに行ってみてぇなって。よく言われるんですよ、“いつ、うちの街に来てくれるんですか?”って。そりゃそうですよね。近くの街、隣の街に観に行くのだって大変じゃないですか。だから、なるべく今回は隣の県くらいには行くようにしたんですよ。そこまで行くんだがら、もう言い訳できねぇぞと。とにかくね、ライヴを観てもらいたいわけですよ。10年間俺らがどういう想いでライヴをしてきたかっていうのは、ライヴを観てもらえば一発なので。本当、これをきっかけにしてほしいですね。このベストアルバムもそうだし。今までで一番多く回るわけだがら、今までなんとなく名前だけは知ってたっていう人に1回でいいから生で観てもらいたい。それで嫌いってなったらしょうがないです。その人には合わなかったということで。なので、言い訳させないツアーですね。“遠くて行けません”とか“仕事だから無理です”とか、知りません! 本当に好きなもの、行きたいものなら休めると俺は思っているので。
Kyrie
広島と福岡だけ絶妙に平日だからなぁ。
団長
有給使ってください! 学生は仮病!…ダメだな、それは。なんとかしてでも来てください。どうにかして来てください。
『VOYAGE ~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』2015年04月08日発売NEXUS/KING RECORDS
    • KICS-3179~80 3564円
    • ※初回仕様DIGIPACK
NoGoD プロフィール

ノーゴッド:2005年に団長を中心に結成。ライヴ活動を続けながら、コンスタントに作品も発表し、着実に人気と実力を付けていった。10年 6月にシングル「カクセイ」でメジャーデビューを果たし、同年 8月にはメジャー1stアルバム『欠片』を発表。HR/HMを基調としたサウンドとメッセージ性の強い歌詞、高いエンターテインメント性が話題となり、メジャーシーンでも注目を集めている。NoGoD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着