写真左上より時計回り、おかっち(Ba)、Tack朗(Gu&Vo)、$EIGO(Gu&Cho)、とも(Vo)、やっち(Dr)

写真左上より時計回り、おかっち(Ba)、Tack朗(Gu&Vo)、$EIGO(Gu&Cho)、とも(Vo)、やっち(Dr)

【ヒステリックパニック】いつも観て
いる人も僕らを知らない人も、視野に
入れつつ作ったところがあります

ニューシングル「シンデレラ・シンドローム」が完成! 人呼んで“エクストリームJ-POP”なヒステリックパニックにしかできないこと間違いなしの、ポップかつラウドかつキャッチーかつスリリングで、ワンダフルにアイロニカルな最高のシングルだ。
取材:帆苅智之

2ndシングル「シンデレラ・シンドローム」は本当に素晴らしい仕上がりで。分かりやすいのがいいし、完璧なシングル曲だと思いますね…デスヴォイスの入る1分16秒までは。

全員
(爆笑)。
とも
いいですね、その言い方(笑)。

作曲段階でシングル曲であることは意識されましたか?

Tack朗
もっともっとヒステリックパニック(以下、ヒスパニ)というバンドを知ってほしいんで、ポップでキャッチーで、リスナーが入りやすい楽曲を作ろうと思って。で、1サビまでは耐えたんですけど、1サビが終わってからはつい…。
$EIGO
いつもの癖が出まして(苦笑)。

確かに、1分16秒まではサビ頭~イントロ~Aメロ~Bメロ~サビと、所謂ポップスの公式に当てはまる楽曲構成なんですよね。

$EIGO
でも、アレをやらないと…という(笑)。シングル曲となるとこの先ライヴでたくさんやると思うし、1分16秒からアレをブリッとやっちゃうと、いつも観ている人にも、まったく僕らを知らない人たちにとっても面白いでしょうし、その辺を視野に入れつつ作ったところがありますね。

ちょっと冗談めかして言いましたけど、確かにあのデスヴォイスがないと、逆にヒスパニらしくないかもしれませんね。

Tack朗
かと言って、ずっと1分16秒以降の世界がメインだったら、それもつまらないですし…。
とも
バランスですよね。重すぎず、軽すぎずという。1分16秒で一度、それまでの世界観をぶっ壊すんですけど、それもあっさりと終わるんで、構成もすごく不思議な感じ。ヴォーカルが3人いて、ギターソロもあってベースソロもあるというメチャメチャな曲ですから、ヒスパニを知ってもらっている人には“すごくキャッチーな曲ができたね”って言ってもらえるんですけど、一曲として冷静に考えたら全然キャッチーじゃないし、情報量が多すぎる忙しい曲だと思われるんじゃないですかね。

なるほど。確かに密集感が高くて、情報量の多い楽曲ではありますよね。イントロからこんなにベースが飛ばす曲もなかなかないと思いますし。

おかっち
そうですよね(笑)。僕は歌っているようなベースラインが好きなので、ヒスパニはヴォーカルが3人いるから、自分のイメージとしては“4人目のヴォーカリスト”じゃないですけど、そういったベースラインは心がけてまして。
$EIGO
3人のヴォーカリストより先に歌ってるけど(笑)。

(笑)。ラップパートも緊張感があってカッコ良いですよ。

やっち
今回のドラムは全体的にそんなに難しくはなくて、コピーしやすい感じなのかなと思うんです。で、ラップパートのあるBメロはもともとシンプルで、ドラムは裏打ちでビートを刻んで、そこにともさんがラップを乗っけて…という感じだったんですけど、“このパターンもいい加減、飽きてきたよね?”ってことで俺とともさんで話し合って。ビートを細かく刻んで、フィルイン入れて、ノリを出して…って感じでやっていったら、ああなってしまいました。
とも
僕は基本的にリズム隊に合わせてフレーズや歌詞を考えるので、リズムが少し変わったことをしてくれたほうが聴感上も面白いんですね。あそこは今までのように同じフレーズにヴォーカルで色を付けるというのではなく、ポイントポイントでシンクロしていて、抜くところは抜いて、詰めるところは詰めているので、これまでなかったリズム隊との一体感があって、結果的にいいクライマックス感が出た気はしますね。

1曲の中にいろんなタイプのフレーズが詰まっている、他にない楽曲だと思いますね。歌詞にしても、最初は単にガーリーな内容なのかなと思わせつつ、実はその裏にもメッセージが隠されているという多層構造があって、これもまた素晴らしい内容だと思います。

とも
ありがとうございます。今回サビがすごくキャッチーだったので、今までのヒスパニの歌詞の乗せ方だとそのサビを殺してしまう気がしたので、言葉はシンプルに、極限までポップにして…でもポップにするだけだと普通のバンドになっちゃうので、カウンターというか、後半にアイロニーな部分があって、最後にオチが付くようにはしてありますね。

悪い意味で夢見がちな人たちを揶揄した、ものすごくアイロニカルな内容ですよね。 

とも
特定のモデルがいるわけじゃないんですけど…何て言うんですかね? 今は女の子が強い時代というか、音楽にしても女の子がフォーカスされることが多いと思うんですよ。昔に比べて、女子力というか、女の子パワーみたいなものがあって、女の子主導でムーブメントが始まったりする。今回 “つらたん”という言葉を使ってますけど、ネットスラングも女の子発信で生まれたりするので、そういうのを入れたほうがいいのかなとも思ったんですよね。

今の時代をいじっておきたかったということですか? 

とも
あ、そんな感じです。世間の流れは分からないですけど、僕、ネットがすごく好きでずっと携帯をいじってるんで、ネットカルチャーの部分を踏襲しているところはあるかもしれません。別に寄せているわけじゃなく、自然と出てくるし、日本語としては正しくないんですけど、それを取り入れて面白いフレーズができたら…とは思っています。今までも絵文字を使ってますし、歌詞には2010年以降っぽさを出したいとは思ってますね。

OKMusic Playlist

「春、新生活に聴いてほしいプレイリストはこれだ!」

By ヒステリックパニック

この春新生活を迎える人に是非聴いてもらいたい曲をヒステリックパニックメンバー全員で選んでみましたー。これを聴い てキラキラした春を満喫してみてくださいね。

1. DandelionRIP SLYME

(とも選曲)
永遠の憧れ、大好きなRIP SLYMEさんの春ナンバー。桜並木を歩きながら聴きたい一曲。宮崎あおいさん出演のMVもほん わかしていて大好きです。

AWAで聴く

2.春の海砂崎知子

(とも選曲)
春の晴れた日にドライブする時の定番ソングとなっております。心地よいギターのカッティングと乗れるリズムと爽やかなメロディがドライブを楽しくさせてくれます。目的地に行くのにわざと遠回りをしてまで聴いている一曲です。

AWAで聴く

3.Love FoolosophyJamiroquai

(おかっち選曲)
2016年、正月に行なわれたヒステリックパニック『オトナとオモチャでアソボウゼー!!TOUR』ツアーファイナル公演の開場BGMとして使用された事は余りにも有名である。同じビクターです。

AWAで聴く

4.POW Larry Graham & Graham Central Station

(おかっち選曲)
高校生一年生の春にベースを始めて、スラップという技法を知った時に聴いていた一曲です。今でも色褪せないファンキーで耳に残るスラップフレーズは当時の自分に衝撃を与え、現在の自分のベーススタイルの原点でもあります。

AWAで聴く

5. 河口恭吾

(TACK朗選曲)
ふざけてると思うかもしれないけど、中学生の頃ロックのロの字も知らない僕はこの「桜」に出会ってすごくエモい気持ちになっていました。

AWAで聴く

6.Make It Personal Sonny Alven

($EIGO選曲)
リラックスしたいけれどアンビエントは苦手な人も 季節の変わり目を感じさせる美しいメロディがフロウしてくる 心地よいLow Beatを体感せよ

AWAで聴く

7.Fall Out BoyThe Phoenix

($EIGO選曲)
2008年に活動休止してから5年 2013年に発売した復帰アルバムの中の一押しアンセム 新生活をエネルギッシュに迎えたい人にオススメ

AWAで聴く

8.Isn't She Lovely(Album Version) Stevie Wonder

(やっち選曲)
あまり春とか関係はありませんが、春になると何故か聞きたくなるのでこの曲をチョイス(笑)。邦名が“愛しのアイシャ”でスティービー・ワンダー自身の娘の事を曲にしており、中盤からは入ってくる愛に満ち溢れたホームビデオのようなトラックは新生活にむけてはやる気持ちを落ち着けるにはちょうどよいのではないでしょうか。

AWAで聴く

9.振り向けば… Janne Da Arc

(やっち選曲)
あまり春とか関係はありませんが、春になると何故か聞きたくなるのでこの曲をチョイス(笑)。邦名が“愛しのアイシャ”でスティービー・ワンダー自身の娘の事を曲にしており、中盤からは入ってくる愛に満ち溢れたホームビデオのようなトラックは新生活にむけてはやる気持ちを落ち着けるにはちょうどよいのではないでしょうか。

AWAで聴く
   
「シンデレラ・シンドローム」2016年04月20日発売BLACK SHEEP RECORDS
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-956 1728円
    • 【通常盤】
    • VICL-37156 1080円
ヒステリックパニック プロフィール

ヒステリックパニック:超絶ハイトーンのTack朗×凶悪スクリームのとも×極上コーラスの$EIGOのトリプルヴォーカルが織りなす唯一無二のハーモニーは中毒性抜群。ラウド、エモ、ハードコア、メタル、J-POPと、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら音を紡ぐ、通称“ヒスパニ”が新たに生み出す、これが最新式のエクストリームなJ-POP。2015年4月にシングル「うそつき。」でメジャーデビューを果たした。ヒステリックパニック オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着