L→R 藤咲 佑(Ba)、蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gu)、澤村小夜子(Dr)

L→R 藤咲 佑(Ba)、蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(Gu)、澤村小夜子(Dr)

【ねごと】クール+ダンサブル+ない
ものねだり…な4人が吹かせる新たな

最新作『アシンメトリe.p.』はサウンドプロデューサーに中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)、益子 樹(ROVO)を迎えた“踊れる”一枚。前作から1年5カ月の間にデビュー5周年を迎え、貪欲なライヴ活動で彼女らが得た新たなエッセンスが満載だ。
取材:清水素子

リリースのなかった1年5カ月は、どんな毎日でした?

澤村
もう、ライヴと制作ばっかりですね!
蒼山
一度みんなで“何がねごとの軸なのか”という話をした時に、やっぱり“カッコ良いものを作りたいね”ということになって。今のねごとに風穴を空けられるような、新しい空気を感じる曲ができるまでは焦らずに作ろうと1年やってきた結果、リード曲の「アシンメトリ」ができた時に、その予感をすごく感じたんです。瑞紀が今までなかったような、4つ打ちで踊れる疾走感があって、でも切なさのあるトラックを持ってきてくれたので。
藤咲
デビュー5周年ライヴ辺りから、曲を途切れさせずにつなげていくという試みをしていて。その延長線上で踊れるとかノれる感じが、ひとつの目標になっていたんですよ。

なるほど。その話を聞けばこの曲のプロデュースにBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之さんを迎えたのも納得です。

沙田
はい。前作の3rdアルバム『VISION』が完全セルフだったので、次作に向けて新しいことをしてみようと。
藤咲
しかも、初めて中野さんとご挨拶した時に聴かせていただいたアレンジが、もう鳥肌モノで! よくよく聴いてみたらシンセベースだし、レコーディングはもちろん、今はライヴでもシンセベースで弾いてるんですけど、曲が終わる前にフライングで拍手が沸くのがすごく気持ちいいんです。
澤村
こんなに壮大な曲は初めてで、これからどんどん成長していく曲だと思うから、ぜひライヴで観てほしいです。個人的にはレコーディングでドラムの録りが最後だったのも、すごく安心感がありました。いつも最初だから“私が間違えても誰も引きずらない!”って(笑)。
沙田
ギターも生音ではなくハードを使って録るのは初めてで、それも空間を包み込むようなリバービーな音だったのが新鮮でした。この曲のレコーディングが終わってから他3曲の仕上げに取りかかったので、そのへんの要素は曲のアレンジや演奏にもつながっていったと思います。

確かに1枚を通してサウンド面では宇宙を漂うような浮遊感が強く、歌詞も“曖昧な世界観”を歌ったものが多くて、ねごと特有の個性に非常にマッチしているなぁと感じました。

蒼山
“アシンメトリ”という単語は、メロディーを作っている段階ですでにあったんですけど、例えば“好きと嫌い”とか“自信と不安”とかって、ふたつあって成立しているものじゃないですか。どちらかのバランスが大きくなったとしても、自分であることに変わりはないし、時と場合によって正しさは違う。でも、そういう曖昧なところに真実ってあったりもするから、そんな誰もが抱える矛盾をモチーフにすることで、どんな状況にある人にも響く歌になるんじゃないかなぁと。
藤咲
そのへんは2曲目の「holy night」にも通じている気がします。この曲は“もっといろんな歌詞を書いてみたい”という希望があった私に、瑞紀が歌詞も大体付いている状態で投げてくれたもので、サビの《私だけじゃダメなのね 君だけじゃ足りないように》というフレーズを見た時、恋愛を匂わせつつも人生について綴りたいなと思ったんですよ。だって、人生ってひとりだけでは成り立たないから。
沙田
私の発想も同じで、恋愛を書きたかったというよりも、一種のないものねだりというか。お互いに求めることっていろいろあるし、全てを満たしてくれる人なんていない。でも、それを受け入れることでプラスに動く瞬間ってあるんじゃないか…っていうところから生まれてますね。

そんなもどかしさもはらみながら、タイトルが示す通りロマンチックな曲でもあって。Dメロを沙田さんが歌っているのにも驚きましたが、これも初めての試みでは?

沙田
だから、緊張しすぎちゃって上手く歌えなかったんですよ!この曲のプロデュースをお願いした益子さんも“どうしたらリラックスできる?”ってすごく気遣ってくださって、次の日にもう1回録らせてもらいました。
澤村
瑞紀が歌ってる裏のコーラスも一緒に考えてくださったり、偶然できたものや自然に生まれたものを活かすことも多くて。益子さんとの制作はすごくオーガニックでしたね。

アッパーな4つ打ちダンスチューンの「天使か悪魔か」に、作詞作曲を手掛けた沙田さんのミステリアスな世界観が炸裂した「school out」と、残る2曲も踊れるビートに“どっちつかず”なリリックは共通していて、結果とてもトータリティーの高い一枚に仕上がりましたね。

蒼山
確かに「天使か悪魔か」は、両側面の歌にしようって考えていたんです。どっちも潜んでいるから、どっちも愛してあげましょう…って、ちょっと妖しいけどドキドキしちゃうみたいな曲にできたらいいなって。
沙田
「school out」は「アシンメトリ」にならってシンセベースを前提に作った曲で、クールで硬派な曲を目指しました。歌詞は学校という狭い社会が舞台なんですけど、そこに重ね合わせているのは家の中に引きこもって、ずーっと作業している自分のリアルな気持ちなんですよ。実は(笑)。
蒼山
瑞紀らしい歌詞ですよね。歌っていても楽しくて、特に“先生”って呼びかける部分は聴く人をドキッとさせてみたかったから、ちょっとあざとく歌ってみました。
澤村
だから、私、恋愛系の歌詞なのかと思ってた! もしかして瑞紀、過去に先生と何かあったのかな?って。

そういう楽しみ方もできますよね(笑)。さて、1年5カ月の間に作り溜めた曲は、とても今作だけでは消化し切れないでしょうから次作が楽しみです。

蒼山
きっと前作の『VISION』とはまた違う、でも、絶対に進化している作品になると思うので、期待していてください。
『アシンメトリ e.p.』2016年11月09日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL 2792~3 2700円
    • 【通常盤】
    • KSCL 2794 1500円
ねごと プロフィール

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。ねごと オフィシャルHP
SonyMusic

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。