L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

L→R フジムラ(Ba)、Yurin(Vo&Gu)、知(Gu)

【サイダーガール】炭酸って泡で消え
ちゃう儚さもある

期待のニューカマー、サイダーガールがミニアルバムを2カ月連続でリリース! 今月は4thミニアルバム『ジオラマアウトサイダー』の話を中心に、全員に訊いた。
取材:高橋美穂

サイダーガールは全員が作詞作曲しますけど、ひとりひとりの作風ってどうとらえてらっしゃいますか?

フジムラ
知くんの書く歌詞は一番切ないと思います。悲しくはないけど明るくもない、グッとくるっていうか。一番炭酸のイメージに合ってますね。
炭酸ってさわやかっていうだけじゃなく、泡で消えちゃう儚さもある。それは3人の歌詞に出ていると思っていて。僕はフジムラの歌詞が一番センチメンタルな気がしています。
フジムラ
Yurinの歌詞は一番男らしいかもしれないですね。
ド直球だけど視点が違うかなって。「空にこぼれる」もただのストレートじゃないストレートさがあると思っています。

Yurinさんは自分が書いた歌詞じゃない歌詞を歌うことについて、どう思っていますか?

Yurin
楽しいですよ。自分じゃ書けない歌詞や曲だし、わりと僕の声とかも理解した上で書いてくれてる感覚があるので、それをイメージ通りに再現していくことに対する挑戦みたいなものは毎回あります。
Yurinさんは僕がボーカロイドをやってた時から、僕の曲を歌ってくれてて、僕もYurinさんのファンだったので、最初にバンドの曲を作る時も“Yurinさんが歌ったらこうなるんだろうな”って考えていました。
フジムラ
僕も一方的にファンだったんです。好きなところがいっぱいある声で。ただ、今までボーカロイドを使っていたんで、未だに人に歌ってもらう曲作りは悩むところで、いつも音域やメロディーのつなぎで無理させてるんですけど。
Yurin
常に技術を磨いていかないと歌えなくなっちゃうので(笑)、自分がだらけないためにもありがたいですね。

さっき“炭酸のイメージ”とおっしゃっていましたが、バンド名そのものがテーマだったりもするのですか?

最初はテーマとしては付けてなかったですね。語感も大事にしましたけど、ナンバーガールが好きだったのと、炭酸にちなんだ言葉を入れたくて。

なるほど。あと、『ジオラマアウトサイダー』で言うと「ラスト」がシンガロングで終わっていくところが印象的でした。

Yurin
『ジオラマアウトサイダー』の最後の曲なんで、聴いてる人のための歌みたいな。『ジオラマインサイダー』の最後の「恋のすべて」は物語性のある歌詞でエンドロールっぽく終わるので、明るく終わらせてみようかなって。

「スワロウ」も象徴的ですよね。

そうですね。前向きなんですかね。ほんとのポジティブじゃないけど、内向的な人の前向き、みたいな。

それは知さん自身も内向的だから?

引きこもりなんで(笑)。今まで劣等感とかを持って生きてきたし、ボーカロイドで活動していた時もいろんな人を見てうらやましいと思っていたし、バンドを始めてからもこいつらに勝ちたいとか…“勝ち”って何か分かんないですけど、そういう劣等感は今も持ってますね。なので、そういう人の前向きな気持ちっていうか。

ロック好きなら内向的な人は多いはずですから(笑)、共感を呼ぶと思いますよ。 

ありがとうございます。嬉しいです。

この二枚をきっかけに、より広がっていきそうですね。

はい、たくさん聴いてもらいたいですね。
『ジオラマアウトサイダー』
    • 『ジオラマアウトサイダー』
    • PROE-1012
    • 2016.11.09
    • 1944円
サイダーガール プロフィール

サイダーガール:シュワシュワと弾ける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そして、どんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指して2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin、ボーカロイドを使用して音楽活動をしていた知、フジムラで結成。17年7月にシングル「エバーグリーン」でメジャーデビューを果たし、同年初のフルアルバムなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリース。ツアーは全国各地でソールドアウトとなった。サイダーガール オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。