L→R 明治(Gu)、gari(VJ&Vo)、火寺バジル(Vo)、ウイ・ビトン(Gu)

L→R 明治(Gu)、gari(VJ&Vo)、火寺バジル(Vo)、ウイ・ビトン(Gu)

【魔法少女になり隊】私には仲間がい
て、独りじゃないから

2017年の最注目バンドのひとつ、魔法少女になり隊がメジャー2ndシングル「革命のマスク」を発表。バンドの結束力の高さが滲み出たミクスチャーナンバーとなっており、彼女たちの大冒険を強力に後押しする重要アイテムだ。
取材:帆苅智之

昨年にメジャーデビューして、より多くの人から魔法少女になり隊に対する評価を耳にしたと思いますが、何か印象に残っている話はありますか?

バジル
『CDショップさんも展開を大きくしてくれてますし、挨拶に行くと、“名前はずっと知ってました”とか“応援してます”とか、温かい言葉をかけてもらえて、さまざまな人から応援してもらえてるなぁということを実感しています。』(注:火寺バジルは魔女に呪いをかけられて喋ることができないため筆談で返答)
明治
あと、よく“え、まだメジャーデビューしてなかったっけ?”みたいなことを言われましたね(苦笑)。そう言われて“メジャーとインディーズの違いって何だろう?”と考えたし、メジャーデビューしたから大きく何かが変わるというのではなくて、これまでやってきたことをさらに突き詰めたり、広げたりすることができる場なのかなと思ったり。

魔法少女になり隊の音楽性やサウンドに関して言われたことで印象に残っているようなことはありませんか?

ウイ
これは今回の「革命のマスク」のレコーディングでのことなんですけど、ギターサウンドに1オクターブ下の音を足すことを提案されたんです。それによって音にコシが出ると。“こういうやり方もあるんだぜ”ということを教えてもらって…まぁ、その加工の仕方は秘密ですけど(笑)、それはこの曲に合ってるということで採用しましたね。ギターって歪みが強いと輪郭がはっきりしないところがあるんですけど、それが1オクターブ下の音を足すことによって少し見えてくるという。

確かに「革命のマスク」はいわゆるミクスチャーなのですが、全体的にサウンドも整理されていて、分かりやすくなった印象がありますね。

ウイ
前作「KI-RA-RI」よりもすっきりしたサウンドになっているんじゃないかと僕も思っていたりします。

gariさんのシャウトは相変わらず奔放にメインヴォーカルに重なる部分もあるのですが、今回はツインヴォーカル的な要素も強くなっていますね。

gari
あぁ、1番のところですね。そのセクションは歌詞が付く前の段階から“ここはシャウト”という感じで…(ウイに向かって)確かにツインヴォーカル感はあるね?
ウイ
うん、そこは狙ってやってます。
gari
僕はそれを今初めて知りました(苦笑)。
ウイ
あと、作った曲をみんなに“こんなのどうですか?”って持って行ったら、“ストリングスを入れてみたらどう?”と言われて。僕にはストリングスの引き出しがなかったからすごく困ったんですけど(苦笑)、僕らのバンドは相変わらずみんなが楽しいと思うものを詰め込んで完成させていくスタイルなので、今回もそういうことにチャレンジして、結果的に良いものになったと思います。“あ、グッとくるね。いいね”と。
バジル
『ストリングスが入ることでさらにエモくなったと思います。』

個人的に「革命のマスク」はグッとバンド感がアップしているなぁと思ったのですが、その辺はどうでしょうか?

ウイ
そうですね。ギターサウンドもそうですし、ドラムのビート感も重心が下に降りて、最初はシンプルなアレンジでバンドっぽい骨太さを意識して作ったんです。で、そこにストリングスが入って…という(笑)。まぁ、それが魔法少女になり隊らしさなのかなとは思います。
gari
でも、このストリングスに関しては自然と言えば自然かもしれない。
バジル
『歌詞がエモいからストリングスが入るとよりいい曲になって伝わりやすくなるかなと思いました。』

実際、《わたしは革命起こすの》という歌詞は前作以上に力強いですもんね。

gari
歌詞の上ではかなりバジルさんは成長してますね。
バジル
『良い意味で聴く人に委ねられる曲だと思います。“ありがとう”と言いたい人がいるのに、気付いた時にはその人と離れてしまって言えなくなってしまうこともある。聴いている人それぞれに当てはまるからこそいい曲だと思います。』

汎用性が高いというか、いろいろなシチュエーションに当てはめて聴くことができる歌詞ですね。

バジル
『“想う”というのは強い気持ちだから、本気で伝えたい言葉があれば伝わるって思います。自分は喋れないからこそ、その気持ちが強くなるという。今回はマイナスをプラスに変える革命。1stシングルは《キラリ☆涙 流しても~歌よ 届け!》だったけど、2ndでは《わたしは もう泣かないよ》になってる。成長してるんです! それは、今回のシングルのテーマでもありますけど、私には仲間がいて、独りじゃないから。』

なるほど。バンドのメンバーがいたり、聴いてくれる人たちがいるからこそ成長できるということですね。

ウイ
それは僕もそうです。曲作りもアレンジ作業も結構ひとりでやるんですけど、“ちょっとアイデアがなくなってきたぞ”って時にメンバーに訊いてみたら、今回みたいに“ストリングスなんてどうよ?”ということがありますからね。
明治
うん。曲作りでは毎回面白い部分があるんですけど、いちいち“これはこういうことなんです”って教えてもらったりもしているので(笑)、勉強にもなって。新しいものを取り入れること自体、すごく楽しいですしね。
ウイ
どんなに僕が激しい曲調にしたとしても、バジルが歌ってくれればそれは絶対にポップなものになることはウチのバンドでは決まっているし(笑)、それは信じていることなので、安心してやらせてもらっているところはあると思いますからね。
「革命のマスク」2017年01月18日発売MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • SRCL-9187~8 1800円
    • ※初回仕様限定〈地図のかけら〉封入
    • 【通常盤】
    • SRCL-9289 1300円
魔法少女になり隊 プロフィール

マホウショウジョニナリタイ:2014年結成。ヴォーカルの火寺バジルが魔女にかけられた呪いを解くために冒険している女2&男2のパーティー。ラウドでポップでファンタジー。全ての針が振り切れたRPG系プロジェクト。8bit映像を使い、モッシュ、ダイブ、ヘドバン、ヲタ芸、パラパラが巻き起こるカオスなショーを繰り広げる。ジャパンカルチャーの美味しいところてんこ盛りな彼らにUSA・台湾公演など海外も夢中。16年9月メジャーデビュー。彼らの冒険は始まったばかり。※バンドです。魔法少女になり隊 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」