L→R yuzo(Gu)、Fuji(Ba)、淳(Vo)、Masashi “USHI” Ushijima(Dr)、Kaz(Gu)

L→R yuzo(Gu)、Fuji(Ba)、淳(Vo)、Masashi “USHI” Ushijima(Dr)、Kaz(Gu)

“Vortex of chaos=混沌の渦”という意味のバンド名を持つ新世代へヴィメタルの旗手、Vorchaosのメジャーデビュー作が完成した。ラウドなスラッシュメタルからメロディアスなバラードまで、幅広い音楽性が凝縮された意欲作だ。
取材:舟見佳子

バンド名の如く、いろいろな音楽性が混沌と渦巻いてるアルバムになりましたね。一緒に歌える曲もあり、ヘドバンできる曲もありで。そういうところはVorchaosの強みですね。

曲を作る時に、僕たちもライヴで楽しみたいっていう気持ちがすごくあるんですよ。やっぱりフロアーにいる人たちと一緒に歌いたいなぁとか、一緒に拳をあげてワーッとやりたいっていう気持ちが曲に入ったりすると、そういうかたちに自然となっていったっていうところはありますね。

歌詞のメッセージ性がストレートなのも印象的でした。

Kaz
歌詞は基本的に淳が書いてますが、メンバーの思い入れがある曲に関してはその思い入れがある人が意見を出すって感じです。今作ではUSHIが作曲を担当した「O.D.ORE」という曲は歌詞もUSHIが書いてますし、「rinne」という曲ではyuzoが歌詞を書いてます。

歌詞を書く時のテーマはどんなことですか?

今まで曲を書いてきた中で自然とテーマになってきたのは、生きることだったり、当たり前の日常の中にある辛いことですね。別に貧しい世の中でもないのに、何でこんなに辛く感じる人が多いんだろう?とか。そういう当たり前の中の辛さというか、そういうところから一緒に抜け出していけたらって。ちょっとでも下に向いてる気持ちを上に向けられたら嬉しいなって想いが一番強いですね。熱さだったり、生きることに対しての想いだったり、そこが基盤になってるかなと思います。

淳くんの人生哲学みたいなものが伝わってくるので、これはいろいろな人に響くと思いますよ。

そうなってくれると嬉しいですね。自分の想いや行動ひとつでいろいろ変わるんじゃないかなっていう、そういうところの手助けができればっていう想いがありますね。

アルバムを作るにあたってのテーマは?

Kaz
僕たちらしさっていうのをまず前面に押し出した上で、キャッチーでよりラウドで、僕たちにしかできないサウンドというものをパッケージしようっていうのがありましたね。そこで自然とできたものっていうのは、僕たちの最新の音になるかなと。その通りになったので、コンセプトとしては“最新Vorchaos”って感じです。

アルバムが完成してどんな手応えを感じていますか?

yuzo
前作に引き続き、メタル曲もあったり、バラードや広くロックと言えるカッコ良いドシッとした曲もあったり。さらにはラップも入ったりと、2ndから比べてより洗練された激しいロック、へヴィロック、Vorchaosらしさみたいなものが詰まってるんじゃないかなって思いますね。
Fuji
今作はジャンルのバラエティーが広がった分、一曲一曲のグルーブ感みたいなのもそれぞれで、そこに一本芯を通さなきゃいけないっていうところがすごい手こずってたんですけど、全部録り終えて完成されたものを聴いて、“お、うん!”っていう。例えばこのアルバムを“これ、自分たちです”って名刺みたいに渡しても全然いけるっていうふうに思えたので、すごく納得できるものができたと思います。
USHI
今までの作品でも自分たちが出せるものをどんどん詰め込んできて、今回も詰め込んだはずなんですけど、なんだかまだいけそうだぞ!っていう雰囲気を感じてます。可能性というか、伸びしろですね。ここからさらに素敵なものをこの世に放っていきたいなと。ぜひ聴いていただきたいですね。
『Vorchaos』
    • 『Vorchaos』
    • KICS-3458
    • 2017.02.08
    • 3240円
Vorchaos プロフィール

ヴォルケイオス:2010年結成。多種多様な音楽シーンの中でメタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。Vorchaos オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着