【Aimer】人間の強さと弱さを圧倒的
な声で表現した軌跡

圧倒的な歌声と世界観を持つAimer。彼女の軌跡を辿ったベストアルバム『BEST SELECTION “blanc”』『BEST SELECTION “noir”』がついに発売になる。この5年間での心境の変化や自身の芯について語ってもらった。
取材:吉田可奈

初のベストアルバム『blanc』と『noir』が2枚同時に発売されますね。

はい。ベストアルバムなので、すでに収録された曲を聴き込んでくださっている方もいると思うのですが、制作するにあたって、これまでリリースしたアルバムに存在していたひとつの物語をほどいて、バラバラにして見直すことに意味を持たせたかったんです。これまでたくさんの曲をリリースさせていただいていたので選曲も難しかったんですが、制作チームと一緒に話し合いながら作り上げていきました。

デビューから5年間でどう変化したと思いますか?

もともとAimerは歌声ありきで作ってきたこともあり、“夜”というテーマで世界観を固めていたんです。でも、『DAWN』というアルバムで夜明けを迎え、ひと区切りさせた時に、外の世界と交流を持つことでさらに世界が広がっていったと思います。

そのきっかけはどんなことだったのですか?

最初はONE OK ROCKさんのツアーに呼んでもらい、Takaさんと出会ったのが大きかったですね。それまでお会いしたこともなかったんですが、どうやらAimerの音楽を好きでいてくれたらしく、呼んでくれたんです。その反響と刺激がすごく大きくて、もっと見たことのない世界を見てみようと思ったんです。

いきなり呼ばれることがあるのですね。

そうなんですよ。私も寝耳に水でかなり驚きました。でも、ジャンルに関係なく、ライヴに来てくれた人たちが受け止め、いいと思ってくれたことはすごく嬉しかったですね。

その他にも革新的だった曲が多くありますよね。

そうですね。中でもRADWIMPSの野田洋次郎さんに楽曲提供していただいた「蝶々結び」は革新的でした。それまでもバラードは多く歌っていましたが、どこかひんやりとした温度のものが多かったんです。温かみと同時に切なさがあるというのはこの曲が初めてだったので、すごく新鮮でした。実はこの曲を歌ったことで、温かくて涙が出るような歌をもっと歌いたいという気持ちから、新曲の「March of Time」が生まれたんです。

ドラマチックなサウンドの中にある、シンプルなメッセージがすごく美しくて心に響きました。

ありがとうございます。今まで聴く人を分かりやすく励ますような曲を歌ってこなかったんです。でも、「蝶々結び」を歌えたことで、新たにこういう曲も歌えるんじゃないかと思えるようになったんですね。出会いと別れが多い“3月”がテーマになっているので、聴いてくれた人の背中をそっと押せるような曲になってもらえたら嬉しいです。

新曲「歌鳥風月」も応援ソングですよね。

はい。この曲は“和”に傾倒しているサウンドに、古い言葉などを乗せて遊びながら作った応援ソングになっているんです。歌詞を見ながら聴けば、さらに楽しんでもらえると思います。

どの曲も声を活かした緻密なアレンジが施されていますが、どんなこだわりがあるのでしょうか?

ずっと一緒に曲を作ってくれているagehaspringsの方々と、抱いている世界観が同じだからこそ、“Aimerらしさ”が成立できているんだと思うんです。みんなが共通して思っているのが、“聴き手に響くかどうか”で。そこに正解はありませんが、温度や雰囲気、世界観などを一番大事にしています。

ちなみに今回は2枚同時にベストアルバムが発売されますが、どんな違いがあるのですか?

「RE:I AM」という曲で初めて重厚で力強い曲に挑戦したんですけど、この曲をきっかけに増えていった、力強くエモーショナルな楽曲を中心に選曲したのが『noir』で、やさしいバラードを集めたのが『blanc』になっています。もともと、強さとやさしさ、悲しさと嬉しさという相反する部分をどの曲にも込めていて、それを大切にしたいというポリシーがあったこともあり、すごくぴったりだなと思い、このタイトルを付けました。

Aimerさん自身の強さと弱さを感じるところはどこでしょうか?

強さは歌声で、弱さは喉でしょうか。自分の誇れる場所が一番強いのに、そこが脆くて弱いので、バランスをとるのが大変なんですよね。でも、“生きる”ということはそういうことだとも思うので、仕方ないのかなとも思っています。

この5年でその歌声の変化も感じますか?

感じますね。ひと言では言えないくらいいろんな気持ちの変化を経て、さらに声の変化も経ているんです。初期の曲から最近の曲までをぎっしりと詰め込んでいるので、じっくりとその変化を楽しんでもらえたらと思います。

ジャケットの猫ちゃんもすごくかわいいですよね。

今回、神秘的でやさしいAimerと、激しくてエモーショナルなAimerを表現するには、私ではなく猫に代弁してもらうのがいいと思ったんです。猫は他の動物よりも孤高に感じますしね。実は、デビューシングルの「六等星の夜」のアートワークにも猫が登場しているんです。ただ、その猫はお友達の猫だったのですが、今回はプロの猫をお借りしました。

やはりプロの猫は仕事の仕方が違いましたか?

うーん…猫は猫ですからね(笑)。最後は疲れちゃったのか寝ちゃってました。そんな中で撮影できたかわいい姿が映っているのでぜひ一緒に見てみてください。

さて、8月には待望の日本武道館ワンマン公演が控えていますね。

周りの反応がすごく大きいので、これはすごいことなんだということをひしひしと感じ始めています。世界観や私の声がきちんと届くような公演にしたいですね。
『BEST SELECTION “blanc”』2017年05月03日発売SME Records
    • 【初回生産限定盤A(Blu-ray付)】
    • SECL-2139~40 3980円
    • 【初回生産限定盤B(DVD付)】
    • SECL-2141~2 3580円
    • 【通常盤】
    • SECL-2143 2980円
『BEST SELECTION “noir”』2017年05月03日発売SME Records
    • 【初回生産限定盤A(Blu-ray付)】
    • SECL-2144~5 3980円
    • 【初回生産限定盤B(DVD付)】
    • SECL-2146~7 3580円
    • 【通常盤】
    • SECL-2148 2980円
Aimer プロフィール

エメ:2011年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビューしたシンガーソングライター。15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で、突如声が出なくなるアクシデントに見舞われる。止む無く音楽活動を休止するも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。その歌声にONE OK ROCKのTakaやRADWIMPSの野田洋次郎、andropの内澤祟仁などが惚れ込み楽曲を提供している。17年5月には初のベストアルバム『blanc』『noir』を2枚同時リリースし、同年8月には初の日本武道館でのワンマンライヴを開催。Aimer オフィシャルHP
SME Records

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC