L→R Shinno(Gu)、Kyrie(Gu)、団長(Vo)、華凛(Ba)、K(Dr)

L→R Shinno(Gu)、Kyrie(Gu)、団長(Vo)、華凛(Ba)、K(Dr)

【NoGoD】NoGoDが示す“10周年後”の
アプローチ

4年振りとなるシングル「Missing」は十八番のアッパーメタルチューンではなく、あえての重厚なエモーショナルチューン。しかし、そこに乗せた刹那の響きには、昨年10周年を迎えた彼らの新たな挑戦が息付いている。
取材:清水素子

アルバムリリースは昨年ありましたが、シングルって相当久し振りじゃありません?

Kyrie
4年振りですね。去年末のファン感謝祭でNoGoDを知ったきっかけの曲をアンケートしたところ、僕らが思っている以上にシングル曲が多かったんです。例えば「神風」だとか。それならばシングルというフォーマットで、またいろんなほうにNoGoDというバンドを分かりやすく提示できる作品をリリースしてみたらどうだろうと。

しかし、今回の「Missing」は「神風」とはまるでタイプの違う、ミドルテンポのどっしりとしたナンバーですよね。

団長
そうですね。「神風」に代表されるようなメタル曲はシングルのリード曲として馴染みがあると思うんです。だから、NoGoDの範疇ではあるけれど、シングルでは出してこなかった面ということと…あとは去年、幕張メッセ(『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』)だとかの大きなステージに立ってみて、こういう一発ドシッと構える曲が欲しいなと思ったんですよ。
K
なんか、ちょっと若返った感じがしますね。今までわりと成熟感があるというか、渋い感じの曲調が多かったんですけど、俺の中でこの曲はすごくモダンに聴こえるんです。
華凛
マンネリが嫌で時代を先取りたい俺としても、その“いつも通り”でないところは新たな一歩かなぁと。

何より衝撃的だったのが、別れをテーマにしたシリアスな歌詞で。一体、団長に何があったのか!?と。

団長
いや、この歌詞を書いたのはKyrieです! 《この“痛み”は忘れない》とかありますけど、俺はすぐ忘れちゃうタイプだし、こんな感じの歌詞書けないです。Kyrieさんの歌詞って、すごく感傷的なんですよ。
Shinno
ロマンチストだよね(笑)。でも、団長が書いたように聴こえるっていうのは、それだけ団長が歌詞を昇華できているという進化の証であり、歌った団長と歌詞を書いたKyrieの勝ちでもあると。

そうですよ! 感情こもりまくりのヴォーカルだったので、てっきりご自分の歌詞を歌っているんだとばっかり。

団長
たぶんね、そう聴こえたのはデモの段階でKyrieが歌詞を入れて歌っていたからなんです。そうなるとイメージも沸きやすいし。声帯が切れちゃうんじゃないか?ってくらい痛烈なKyrieさんの叫びが心に響いて、ここまで提示してくれたんだったら、これ以上のものを返さなきゃな!と。
華凛
イメージが伝わりやすい分、レコーディングも化けさせすぎずに忠実にやれて、アレンジの擦り合わせもスムーズでしたね。静と動の対比もパンチ力があっていい。
K
うん。Bメロで突然音がなくなるところとか、すごく感情的で情景がよく見える。俺もデモの歌を聴きながら叩いたんですけど、歌う人間が変わるとニュアンスも変わるもので、今さら団長の歌に対して発見があったりもしました。

そもそも、なぜKyrieさんはデモから歌を入れようと?

Kyrie
曲を書く時にイメージはあっても、曲と一緒に世界観を提示するっていうのは今まであまりしたことがないので、それをやるなら歌詞と歌を入れるのが一番だろうと。最初はラヴソングのつもりだったんですけど、だんだん力強さと一緒に無力感というか、そのジレンマみたいなものをイメージするようになって…例えばメンバーだとか友達だとかではなく、僕がどんなアクションをしたところで届かない場所にいる人との別れの歌になったような気がします。
団長
俺も無力感だったり、虚無感や自分に対する切なさ、やるせなさを強く感じましたね。誰かに向けて届けるというよりは、自分の内を叫ぶというニュアンスなんだろうなと。そのKyrieの刹那をどれだけ出すか?を意識して歌いました。
Shinno
その感じ、MVにも出てるよね。みんなが動いてる中、団長はわりと淡々と歌ってる画が多い。
団長
NoGoDのMV史上一番汗かかなかったですね! でも、俺はこういう刹那的で感情を込める曲のほうが歌いやすいです。やっぱり歌っていて気持ち良いというか、何かを残せる感じがあって歌い手冥利に尽きる。

結果、当初Kyrieさんがイメージしていた世界観を5人で理想通りに再現できました?

Kyrie
いや、全然できてない…というか、できちゃいけないと僕は思っているんですよ。僕がやりたいことをやるんだったら僕ひとりでやればいいわけだし、お互いにプレイヤーとして、作曲者としてのエゴをぶつけ合った上で出来上がっていくものが、僕にとってはバンドの音楽かなぁと思うので。理想とは違うからこそNoGoDというバンドの曲である価値があるんです。
団長
おまけにカップリングは新曲とライヴテイクが2曲ずつの計5曲だから、一種のミニアルバム的な感覚ですよね。ライヴテイクの「emotional disorder」は去年2カ月連続で出した配信シングルのうちのひとつで、その配信2曲から「Missing」までがNoGoD的には新しい挑戦だったんですよ。去年10周年を迎えて経験値も増えたところで、今まで音源にならなかったアイデアをかたちにした。レコーディング環境も変わって配信シングル以降、カップリングの「Nightmare」以外は新しいスタジオで録っているから、聴き比べてもらっても面白いかもしれないですね。
K
個人的な意見として、団長の歌声がすごくセクシーになってきたんですよ。結果、もともとあった“らしさ”と新たに得た武器が面白く組み合わさった作品になったんじゃないかな。

そんな最新作を引っ提げたツアーのタイトルは“W/O-U”ということですが、ずばりその心は?

団長
“Without You”ってことですね。何を“Missing=失った”のかを探しに行くような雰囲気で、ここで10周年後のNoGoDがどういうアプローチをしているのか?を観ていただきたい。「Missing」を主軸とするツアーなので、少し大人っぽいNoGoDになる予感もなきにしもあらずですね。
「Missing」
    • 「Missing」
    • KICM-1765
    • 2017.04.21
    • 1728円
NoGoD プロフィール

ノーゴッド:2005年に団長を中心に結成。ライヴ活動を続けながら、コンスタントに作品も発表し、着実に人気と実力を付けていった。10年 6月にシングル「カクセイ」でメジャーデビューを果たし、同年 8月にはメジャー1stアルバム『欠片』を発表。HR/HMを基調としたサウンドとメッセージ性の強い歌詞、高いエンターテインメント性が話題となり、メジャーシーンでも注目を集めている。NoGoD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着