取材:ジャガー

ちょっとした企画ものとして遊び心があ

ストリングスの柔らかなイントロから“遊びに行きましょう”と、優しくささやきかける歌声。そこから、束の間の夢世界を覗く冒険が始まる…シンプルな作りながらも、想像力をかき立たせワクワク、ドキドキさせる希望に満ちた1曲目「trip -うちへかえろ-」は、2ndシングル「青春と路地」のカップリング曲ですよね。ちょっと今までとは違う作品の見せ方ですが、どういう経緯でこの流れになったのですか?

『journey』『moon river』などのタイアップ曲のリリースタイミングについて考えていた時に、『trip -うちへかえろ-』が今秋日本で公開の映画『ベティの小さな秘密』のイメージソングに採用されることが決定したので、“ちょっとした企画ものとしてリリースしよう”かなと。

なるほど。それにしても、4曲ともに味があるというか。中でも「journey」と「moon river」は、英詞ということでより歌声の響きが際立っているように思います。その美しい響きに引き込まれると同時に、今までと少し違ったテイストの阿部芙蓉美を見ることができて、すごく新鮮でした。

日本語よりも、英語の方が言葉を発音する際の音が豊富なので、より心地良く楽曲の世界観やメロディーに寄り添うことができたかなと思っています。

また、4曲目「みんなのブルーズ」は、1stアルバム『ブルーズ』の期間限定生産盤に付いていたDVDのBGMとして使用されていた楽曲なのですが、もともと歌を付けようとは考えていたのですか?

この曲に関しては、最初のBGM制作段階で“歌詞を付けても面白いかもね”と、ブツブツ言いながら仕上げていったので…まぁ、ごく自然な流れでこういう形になりました。

あと、阿部さんの作る楽曲はタイトルが特徴的というか、インパクトがあって面白いですよね。聴き込めば、的を得たタイトルであることが分かるのですが、初めは“ん? どういう曲なんだろう?”って、まずタイトルからして心をくすぶってきて、思わず聴きたくなりました。このバラエティに富んだ4曲を収録した今作「ワン ナイト トリップ EP」に込めた思いとは、どういったものなのでしょうか?

それぞれの曲に小旅行となり得る要素があったら素敵だなと思っています。聴き手のみなさんが実際に出かける小旅行だったり、空想の小旅行だったりにこの4曲を持って送り出すイメージで。

“小旅行”っていうのが魅力的ですね。ひとりでゆったりとした時間を過ごすっていう、ある意味一番の贅沢をしているんじゃないかって思います。今作もまさに豪勢なラインナップだし(笑)。完成した今、どういった作品を生み出すことができたと言えますか?

私の中では秋限定生産盤ということで、企画色の強い遊び心のある作品になりました。
阿部芙蓉美 プロフィール

1983年生まれ、北海道出身。広告業界ほか、第一線のクリエイターから注目されている女性シンガー・ソングライター阿部芙蓉美。07年6月に1stシングル「群青」でメジャー・デビューするやいなや、独特の世界観を持つ歌詞で広告業界トップクラスのクリエイター集団“風とバラッド”や、数々のCMを手掛ける映像クリエイター・牧鉄馬、直木賞作家・石田衣良、さらには女優・永作博美など最先端をいく表現者達を中心に注目を集めている。

08年には、「開け放つ窓〜piano version」が中谷美紀・荒川良々出演の『ハウスメイト』CMソングに起用され、ノークレジットにも関わらず問い合わせが殺到。同年夏には、フジテレビ系音楽番組『僕らの音楽』で“番組が今、最も注目するアーティスト”として特別出演を果たす。

また、音楽だけにはとどまらず、トップ・スタイリストのソニア・パークからも支持を受け、ファッション雑誌『GINZA』ではモデルとして大抜擢された。その他にも、映画『アメリ』の脚本家が手掛けた映画『ベティの小さな秘密』日本イメージ・ソングとなり、『NEXCO中日本』企業CMソングでは名曲「moon river」をカヴァー。江川卓と小林繁の豪華共演で話題となった『黄桜』CMでは「planetary」が使用されるなど、真の実力を備えた新しいCM女王となりつつある注目のアーティストである。阿部芙蓉美オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」