取材:石田博嗣

僕たちにしかできないアルバムだと思う

初のフルレンジのアルバムとなるのですが、どんな作品にしたいと思ってましたか?

Mr.Blistah
どこを聴いても自分たちらしさが出てる、オリジナルな作品にしたかったですね。例えば、最先端のダンスミュージックを提示したり、すごくキャッチーで一度聴いたら忘れないメロディーだったり、フレーズだったり…
Clench
軸はもちろんブラックミュージックなんですけど、その枠さえも小さく見えるというか…とにかく自分たちにしかできない、ひとつひとつの“振り幅の大きさ”を魅せたいってのは念頭に置いてました。

ライヴ感も感じたのですが、それも意識して?

Mr.Blistah
もちろん! 俺たちの名前が物語ってるように、現場の空気感を今回は真空パックしましたんで、俺たちのライブに来たことがない人は、ちょっと来たくなるようなテンションになるんじゃないかな。それに俺たち、ライブを最も大事にしてるから、もっといろんな人に観てもらいたいですね。 ジェットコースターみたいなライブしますから!

フィーチャリングものが目立つのは、フルアルバムだからこそやってみたかったとかで?

Mr.Blistah
確かに、それはありますね。なんせ一っ発目だし、今までで一番人の目に付くような、名刺的な一枚になるだろうし。このタイミング待ちでしたね。
Clench
ヒップホップを代表するようなメンツに協力してもらえてうれしいし、またそれを俺たち色に転換できたことが制作過程で最も楽しめたところですね。いい意味で俺たちの想像、キャパを超えてくるものが向こうから提示されたりして、すごく新鮮でした。

2ndミニアルバム『SHINING』に入っていた「ハルカゼ」が本作にも収録されているのは、Clench & Blistahにとって大事な曲だからですか? リリックには仲間を大切に思う気持ち、前向きな想いが綴られているし、体を揺らすトラック、ハートフルなメロディーなど、Clench & Blistahらしい曲でもあるのですが。

Clench
そうですね。“メッセージを届けたい!”という気持ちはリリースを重ねるたびに自分たちの中で大きくなってて…。自分たちのそういう気持ちに素直に接すると、「ハルカゼ」を収録するのは自然な流れでしたね。

「絆」は、そんな「ハルカゼ」とリンクしてたりしますか?

Clench
多分してるとは思いますよ。「ハルカゼ」同様、仲間を大切に思う気持ちをリスナーに分かってもらえれば…この曲には特別回りくどい解説はないですね(笑)。ラップの表情にもこだわりましたからね。
Mr.Blistah
この曲は昔、俺が地元で活動してた頃に書いた曲なんですけど、今、こうして仲間やスタッフに支えられ、なんとか頑張ってるよってところを、この1stアルバムで言えたことがうれしいですね。これを聴いて、生まれた街や昔の仲間や家族の大切さなんかをもう一度、見つめてくれたらいいなぁ。そんなメッセージ曲です。

まさに、Clench & Blistahらしいアルバムに仕上がったという感じですね。

Clench
僕たちにしかできないアルバムだと思いますよ!
Mr.Blistah
斬新で最新で新鮮な、そして味のあるアルバムになったと思いますよ!!
Clench & Blistah プロフィール

クレンチ・アンド・ブリスタ:2001年に結成。誰とも類似しないオリジナルな声とラップのフロウ、メロウなサビが特徴。10月16日に開催される「Venus-B NIGHT 2008」に出演決定!Clench & Blistahオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。