取材:高橋美穂

俺にしか歌えない曲を書かなきゃと思え
た、きっかけの曲

約1年半ぶりのリリースということで、これまでコンスタントに音源を出してきたノーリグとしては、随分開きましたね。

ずっと曲を書いとって、どういう曲が次のNo Regret Lifeに相応しいのか模索してたら、1年半経ってしまったっていう。だから、“沈黙を続けてきた”とか書かれたりするけど、この1年間は今までで一番動き回ってた1年だったんじゃないかな。聞こえはいいけど、ストイック過ぎたっていうか。基本的に待つことは嫌いなんですよ。待たせたくもないし。だけど、そういう自分の気持ちと…曲はクソみたいに書いてたけど、ほとんど捨ててしまって、そのギャップの葛藤は付きまとってたね。

なかなか納得する曲ができなかったと?

今回、テーマを持ったんだよね。No Regret Lifeとして、一番美味しい成分をまとめた曲を作ろうって。誤解があるかもしれないけど、『メロディー』みたいな曲を作ろうと。だけど、同じような曲を作っても成長も何もないじゃない? だから原点回帰っていうよりも、一周してきて今だからこそできるアレンジでそういう曲を作ってみようと。まぁ、よく“お前の声がいい”とか言われるんだけど、それを100%理解できてないんですよ。コンプレックスだったから。今はネタにできるけど、そういうのも含めて、自分の良さやこのバンドの良さを挙げていったわけです。ひたすら話し合いも重ねたし、次のシングルでステップアップしたところを見せないと、単純に続いてるだけだとも思ったし。そっから試行錯誤の繰り返しだよね。『メロディー』から、シングルも6枚出し、アルバムも2枚出してるわけですよ。だから、“こんなことやってみたい”とか欲も出てくるし。それが核心を見えなくさせてたっていうところもあって、だから一回脱げるとこまで脱いで、素っ裸のNo Regret Lifeでどういう服を着るか考えたっていうか。まぁ結局、簡単な話が、家でアコギ弾いて自然に出てきた感じがコレだったんですよね。じゃあ、この1年間無駄だったのっていうとそんなことなくて。よく、神様が降りてきて曲ができるとかいうけど、何もしてない奴に神様は絶対降りてこないんだよね。でもそれは今やっと思えることで、そん時は余裕もなくて、ひたすら曲を書かなきゃみたいな。だから、曲を書く動機が分かんなくなってた時期もあったんです。曲を書かなきゃいけないって切迫感を持った時点で、面白味やアイディアは遮断されていくから。でも、今年の正月ぐらいにラララとアコギだけだったけど、行ける確信が出てきて。俺、パッと思い付いたメロとか展開って、忘れるぐらいだったらその程度のものだと思うんですよ。ICレコーダーとかも持ってるけど、そんなに参考にならないんだよね。でも『Can’t Explain』は、他のものとは異質だったんで。

歌詞のテーマはどのような感じなのですか?

最初にド頭の一行の“この気持ちは何だろう?”が浮かんだんだよね。あと、どんケツの“確かに、今 歩き出すよ”だったんだよね。結局それって、“この1年の俺なんじゃねえの?”って。今回、すごく言葉を考えましたね。例えば、ラブソングって“僕はあなたが好き”っていう、世界中の誰もが分かるテーマだと思うけど、今回は好きでも嫌いでもない揺れてるところというか、“この気持ちって何だよ?”っていうところで。でも、1年半苦労したから、感動して聴いてくれってことじゃないわけ。俺にしか歌えない曲を書かなきゃいけないと思えたきっかけが、この曲だったから。パッと聴いた感じだと、暗いし(苦笑)、失恋したみたいに思われるかもしれないけど、それでいいんですよ。こういう男と女みたいな歌詞も、前はどっかしらぼやかしてたし。そこを踏み込めたっていうのはありますね。

歌詞に、過去も未来もひっくるめて描かれてるところが、一歩進んだ証なのかなと思ったのですが。

うん。ネガティブな曲にはしたくなかったから、ギリギリ最後までメジャースケール出さないようにとか、細かいこだわりもありますね(笑)。あとは3ピースのアンバランスなバランスっていうか、何か一個外したら崩れちゃう感じを、もっと確立したかった。特にこの曲は3人の呼吸というか、歌を邪魔しないけどそれぞれの主張があるっていう。だから、現在進行形のNo Regret Lifeっていうと、この曲なのかな。一回、今までのストーリーを遮断しようと思ったんだよね。つながってることってすごく大切だけど、それに縛られると次書くことって決まってくるから。だから、この曲は作品としても自信があって出すんだけど、個人的な話だと、自分が行けるって思った、あの実感を忘れないように記録として残したいっていう。初めてシングルを意識した曲になったし。まぁ、自分たちを認識するのにも時間はかかったけど、やっと狼煙が上がったかな(笑)
No Regret Life プロフィール

ノーリグレットライフ:2001年1月、小田和奏(Vo&Gu)と橋口竜太(Dr&Cho)を中心として結成。翌月に松村元太(Ba&Cho)が加入し、現メンバーとなる。05年9月、シングル「メロディー」でメジャーデビュー。以降、年間約100本に及ぶライヴを行ない、08年8月には約1年半振りのシングル「Can’t Explain」をリリースし、ネクストレベルに突入した。No Regret Life Website
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。