The Cheserasera

3664 views

    The Cheseraseraザ・ケセラセラ

    東京で結成されたロックバンド。2009年、大学内でメンバーが出会って前身バンドが始動。2010年2月、渋谷屋根裏との共同レコ発企画を開催するとともに、1stデモCD『夜も消えない』をリリース。同年11月、初の自主企画『曇天ケセラセラ』を開催し、バンド名をThe Cheserasera(ザ・ケセラセラ)と改名する。2011年4月、渋谷屋根裏でレコ発自主企画を敢行&2ndデモCD『empty,empty,dream』を発表。同年12月には、『rockin'on presents「RO69JACK COUNTDOWN JAPAN 11/12」』の入賞アーティスト16組に選出される。2012年5月、3rdデモCD『さよなら光』をリリース。エモーショナルな歌声とギター・サウンド、憂いのある歌詞がじわじわと人気を集め、2013年3月の下北沢SHELTERでの初のワンマン・ライヴは、見事ソールドアウトを記録する。同年10月、タワーレコード限定1stシングル「Drape」を発表。2014年1月には、初の全国流通盤となる1stミニアルバム『The Cheserasera』をリリース。同年6月、ミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』でついにメジャーデビューを果たす。“センチメンタル・ギター・ロック”と形容されるそのサウンドでさらに知名度を上げている。

    The Cheseraseraのニュース

    The Cheseraseraのインタビュー

    The Cheseraseraのライヴレポート

    曲・アルバム

    • YES

      2015年11月18日リリース
      アルバム・7曲

      • 1 賛美歌
      • 2 somewhere
      • 3 Escape Summer
      • 4 インスタントテレビマン
      • 5 Take me!
      • 6 Youth
      • 7 灰色の虹

      YES

      “どんなものも全て受け入れて肯定していきたい”という意味で“YES”というタイトルを付けたという今作。日常の風景に浮かぶ自身の感情の揺れ動きを捕まえた言葉たち、絞り上げるような歌声、タイトでシンプルかつ感情的なバンドサウンド…と楽曲を構築するあらゆることに自信や裏付け、彼らなりの答えが見えるようで、バンドの充実を感じる。ラスト「灰色の虹」を聴いた後、きっと一歩前に進む勇気をもらえるはず。 (フジジュン)

    • WHATEVER WILL BE, WILL BE

      2015年01月14日リリース
      アルバム・11曲

      • 1 No.8
      • 2 FLOWER
      • 3 コーヒー
      • 4 東京タワー
      • 5 消えないロンリー
      • 6 さよなら光
      • 7 Yellow
      • 8 BLUE
      • 9 白雪
      • 10 whatever will be, will be
      • 11 カゲロウ

      WHATEVER WILL BE, WILL BE

      2014年は全国流通盤のリリース、そしてメジャーデビューを果たした3ピースロックバンドが満を持して放つ1stフル。別れの感情を美しいまま音楽に閉じ込めた「FLOWER」をはじめ、情景的なナンバーが充実している。キリッとした決意も多く滲み、どの曲も骨がある。持ち前のエモーショナルなサウンドとパワフルなビートはよりブラッシュアップ! “なるようになるさ”…そんなタイトルの意が全編に行きわたった会心作。 (田山雄士)

    • Time To Go

      2016年04月06日リリース
      アルバム・1曲

      • 1 Day after tomorrow

      Time To Go

    The Cheseraseraの動画

    The Cheseraseraの画像